株主様への情報開示の充実、建設的なコミュニケーション、適正な利益還元に努め、持続的な成長と、中長期的な企業価値の向上を図ります。

コーポレートガバナンス・コードに基づいたガバナンス体制と情報開示の充実

適時適切・透明性のある情報開示


個人投資家様向け会社説明会

コーポレートガバナンス・コードの基本原則である「適切な情報開示と透明性の確保」の規定に則り、適時適切な情報開示を基本に、各種法令・規則で定められる事項に加え、ESG(環境・社会・企業統治)情報をはじめとした当社への理解醸成に役立つ情報を発信しています。
また、株主様との対話の機会を拡充すべく、2017年度は機関投資家様向け決算説明会のほか、個人投資家様向けの会社説明会を2回開催しました。さらに株主様からのさまざまなお問い合わせに対しても、IR担当取締役の指揮のもと、経営企画部・経理部・法務部などのIR関連部門が連携することで、迅速かつわかりやすい対応に努めていきます。

株主総会で対話の機会を充実

当社のコーポレートガバナンス・ガイドラインに基づき、当社は株主総会を株主様との重要な対話の場と認識しています。株主様に株主総会で一層適切に権利を行使いただけるよう、議決権電子行使プラットフォームを利用するとともに、株主総会招集通知の内容を発送に先立ち当社ウェブサイトで開示し、一部は英訳もしています。さらに、株主様との対話を充実すべく、株主総会終了後に会場で株主様からの質問・意見などを伺う場を設けるとともに、ご希望の株主様を対象に会社施設見学会を行っています。
2017年6月は当社の研究開発部門の解析検証センターと子会社の日新ハートフルフレンド(株)を見学していただきました。


解析検証センターの見学

情報開示・対話の一覧

配当政策

株主・投資家情報の 配当金について をご覧ください