印刷ページを表示

HOME > 株主・投資家情報 > 経営方針 > VISION2020

VISION2020

中長期計画「VISION2020」

〜「4×Global+NEW」で新たな成長を目指す 〜

日新電機株式会社は、2016年度から2020年度までの5カ年計画「VISION2020」を策定し、いかなる環境下でも成長し、利益を上げられる「グローバル・エネルギー・環境・ソリューション企業」を目指します。

  

1.「VISION2020」の数値目標と事業ポートフォリオ別売上高構成

  

   

  

<2020年度目標>
連結売上高   1,800億円
連結営業利益   180億円
  (連結営業利益率10%)
連結ROA*    10%超
連結ROE     10%超

   ※総資産営業利益率
事業ポートフォリオ別売上高構成

 

2.「ビジョン2015」を振り返って

2015年度は2011年4月にスタートした当社グループの中長期計画「ビジョン2015」の最終年度であり、売上高は1,136億円と「ビジョン2015」の目標1,500億円を達成できなかったものの、営業利益は124億円と目標120億円を超過達成し、ROA(総資産営業利益率)も9.3%と目標8%を上回る結果となりました。

 

ビジョン2015 目標と実績

 

2010年度実績

2015年度
ビジョン2015目標 ビジョン2015実績
売上高 904億円 1,500億円 1,136億円
営業利益 72億円 120億円 124億円
(率) (8.0%) (8.0%) (10.9%)
ROA 6.9% 8.0%以上 9.3%

 

新エネルギー・環境事業の大幅な伸びなどにより目指してきた「4×Global」(4つの事業をグローバルに展開)の事業ポートフォリオを形づくることができたこと、原価低減や事業構造改革によって収益力を向上できたことなどの成果はあったものの、国内電力各社の投資抑制、中国の電力機器市場における成長鈍化などにより、目標どおりの成長を実現するには至りませんでした。

  

3.「VISION2020」の成長シナリオ

3.1 「6つの成長ドメイン」の選定

いま当社グループがよって立つ市場では、電力システム改革をはじめとする大きな環境変化が起きつつあります。新たな中長期計画の策定に際し、これらのダイナミズムと100年の歴史の中で培ってきたコア技術およびお客様との信頼関係をマッチングさせることにより、これからの成長が期待できる事業ドメインとして、以下の「6つの成長ドメイン」を選定しました。

  

@電力のパラダイムシフト(国内)

大震災と原発事故などがもたらした電力市場の大変革に伴う新たな製品・システム・サービス需要

AASEAN・インド・中国(海外)

ASEAN・インドなど新興国や中国における電力インフラ整備の進展に伴う市場拡大

Bライフサイクルエンジニアリング(LCE)

当社機器の納入台数増加や更新時期が到来する機器増加に伴うアフターサービスの需要増

C次世代半導体・FPD(フラットパネルディスプレイ)

半導体やFPDの技術革新に伴って拡大が期待される新たな装置需要

Dモビリティ

自動車の電気化、鉄道の省エネ、新たな素材や部品の採用など当社グループのコア技術が
活かせる分野

E新規分野

電力機器の設計・部品加工・組立などの技術を活用した装置部品事業の拡大や医療・食品分野における電子線照射技術を応用した殺菌・滅菌用装置事業の拡大

  

3.2 「3つのAdvance」の開発・投入

6つの成長ドメインに次の「3つのAdvance」を開発・投入していくことにより事業成長を図ります。

  

@Advanced Products(先進的新製品)

当社製品の競争力であるコンパクトに、Flexible・Adjustable・一層のCompact・Environment・Smartの価値を加えた「コンパクト+FACES」の新製品

AAdvanced Technology(先進技術)

積極的に経営資源を投じて、成長の原動力となる新技術の事業化促進

BAdvanced Business Model(先進的ビジネスモデル)

ハードとソフト・ICTを融合させたソリューションの提供やさまざまな機器のワンパッケージ(組み合わせ)での提供など新たなビジネスモデル

  

3.3 成長を支える「体質改革とあくなき原価低減」の推進

グループ内での組織横断的活動推進に加えて産・官・学など外部との協業を推し進める「縦・横・外とのコラボレーション強化」、日新アカデミーのカリキュラム充実や研修施設の拡充による「人材育成改革」、お客様のニーズに応えるソリューション提案や戦略的マーケティングを目指した「営業改革」、積極的な合理化・情報化投資の推進を含め受注から納入までのトータルプロセスの効率向上を目指す「NPS(Nissin Production System)の生産性改革」など成長を実現するためのさまざまな体質改革とあくなき原価低減にグループをあげて取り組みます。

 

「VISION2020」における各種投資

 

2015年度実績 VISION2020(5年間)
設備投資 38億円 300億円
アライアンス投資 50億円
研究開発投資 53億円 380億円

  

3.4 「4×Global+NEW」の事業ポートフォリオを構築しさらなる成長を目指す

これらの取り組みにより、「ビジョン2015」で築き上げた「4×Global」の事業ポートフォリオをベースに「6つの成長ドメイン」における新たな事業展開を推進し「4×Global+NEW」のより成長力ある事業ポートフォリオを構築するとともに、これまで培ってきた収益力に一層磨きをかけて、いかなる環境下でも成長し、利益を上げられる「グローバル・エネルギー・環境・ソリューション企業」となることを目指します。

  

4.社会貢献活動の充実

当社グループは本業を通じた社会への貢献は当然のこととして「お客様」「株主」「社会」「パートナー」「社員相互」の5つの信頼をベースにし、社会の一員としてより良い社会の実現を目指して積極的に社会貢献活動に取り組んでまいります。 「京都を中心とした歴史的文化財の保護」をはじめ「電気系エンジニアなどの人材育成」や「地域の環境保全活動への協力」などの活動を中心として「VISION2020」のスタート、さらには2017年4月に創立100周年を迎えるこの機会に社会貢献活動の一層の充実を図ります。

  

参考:VISION2020成長シナリオの全体イメージ

このページのトップへ戻る