2017.01.19
魅力あふれる未来の京都の実現を支援 文化財保護のため、京都市に寄付

日新電機株式会社(本社:京都市右京区、社長:小畑英明)は、京都の文化財保護に協力するため、京都市および京都市の外郭団体に合わせて金150万円を寄付しました。1月18日に京都市役所にて寄付受納式があり、門川 大作 京都市長へ寄付金を贈呈しました。

京都市への寄付は、2016年1月に「未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理事業」に協力したことに続き2回目で、昨年同額の100万円を寄付しました。同事業が対象とする市指定・登録文化財建造物等の修理にご活用いただきます。

また、新たに京都市の外郭団体 公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンターが運営する「京町家まちづくりファンド」に50万円を寄付しました。本ファンドは、京都市が行う「伝統建造物群保存地区」や「歴史的風致形成建造物」、景観法による「景観重要建造物」などの対象とならなかった京町家に対して助成を行っています。当社は、京町家も京都の町にとって大切な歴史的建造物と捉えており、同ファンドの京町屋の保全・再生・活用の促進活動に役立てていただくため、この度、寄付させていただきました。

当社は今年(2017年)の4月11日に創立100周年を迎えます。100周年にあたり、創業以来当社の事業を育んでくれた、京都をはじめとする地域社会へ一層貢献していきます。
また、当社は文豪谷崎潤一郎の旧邸「石村亭」(京都市左京区)を保有しており、譲渡時の谷崎との約束を守り、以来60年以上、維持保存に努めています。
こうした活動から、当社では、社会貢献活動の取り組み重点分野の一つに「京都を中心とした歴史的文化財の保護」を定めており、この方針に基づいて、主旨に賛同できる団体・事業等への寄付を積極的に進めています。
京都に根差した企業として、また谷崎潤一郎の旧邸「石村亭」を守り続けてきた企業として、今後も文化財保護への協力を続けていきます。

以上


1月18日の受納式(京都市役所)にて
(左から、公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター理事長の青山様、
京都市長の門川様、当社常務取締役の延、同総務部長の阪尻)

お問い合わせ先

〒615-8686 京都市右京区梅津高畝町47番地
日新電機株式会社 経営企画部広報グループ  (075)864-8849