2019.01.25
京都市、京都市景観・まちづくりセンターとの 文化財保護事業等の実施に関する三者連携協定に基づいて寄付を実施

公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金(所在地:京都市右京区、理事長:小畑英明、以下、当基金)は京都の文化財保護に協力するため、1月18日に京都市役所にて、京都市へ250万円、公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター(以下、京都市景観・まちづくりセンター)へ50万円の合計金300万円を寄付しました。

今回の寄付は、2018年2月に締結した京都市、京都市景観・まちづくりセンターと文化財保護事業等の実施に関する三者連携協定に基づいて行われたもので、寄付金の使途と金額は下記を想定しています。

 

(1) 未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理 100万円
京都市による市指定・登録文化財建造物などの修理
(2) 岩倉具視幽棲旧宅および旧三井家下鴨別邸の整備等 150万円
岩倉具視幽棲旧宅の燈籠の修繕や通用門の修繕、旧三井家下鴨別邸の庭園整備と杉戸絵の保存修理
(3) 京町家まちづくりファンド 50万円
京都市景観・まちづくりセンターが運営する基金における、京町家の保全・再生・活用の促進活動

当基金では、三者連携協定締結時にも同様に寄付を行っており、今回の寄付は昨年に続き2回目の実施となります。当基金は今後も京都の歴史的文化財の保護に協力していきます。

岩倉具視幽棲旧宅(京都市左京区)

 

【ご参考】

 

■日新電機グループ社会貢献基金の概要

名    称 公益財団法人 日新電機グループ社会貢献基金
設 立 年 月 日 2017年3月9日
所  在  地 京都市右京区梅津高畝町47番地(日新電機株式会社 総務部内)
理  事  長 小畑 英明(日新電機株式会社 代表取締役会長)
事  業  内  容 (1)技術系人材の育成
・国内外の学生・生徒を対象とした給付型奨学金制度の運用
・技術系人材の裾野拡大に向けた諸活動
(2)京都を中心とした歴史的文化財の保護
(3)地域の環境保全活動への協力
ウェブサイト  http://nissin.jp/sczaidan/

 

■未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理

京都市の取り組みの一つ。2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、京都市指定・登録文化財等を良好な形で公開し、京都の魅力を発信することを目的としている。

 

■京町家まちづくりファンド

公益財団法人京都市景観・まちづくりセンターによる取り組みの一つ。京町家の保全・再生・活用の促進活動を行っている。

ウェブサイト: http://kyoto-machisen.jp/fund/

 

■岩倉具視幽棲旧宅(京都市左京区)

明治維新の五傑と呼ばれた政治家、岩倉具視(1825~1883年)が、1864年から1867年までの3年間住居とした旧宅で、1932年(昭和7年)に国の史跡に指定。また、1928年(昭和3年)に展示・収蔵施設として同敷地内に建てられ現在も岩倉具視関係品を展示している対岳文庫は、2007年(平成19年)に国の登録有形文化財に指定されています。

 

■旧三井家下鴨別邸(京都市左京区)

1894年(大正16年)に下鴨神社の南の位置に建設された豪商・旧三井家の別邸で、明治から大正期までに整えられた大規模別邸の屋敷構えが保存されており、高い歴史的価値を有していることから、2011年(平成23年)に国の重要文化財に指定されています。

 

[本件に関するお問い合わせ]

〒615-8686 京都市右京区梅津高畝町47番地
公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金  (075)864-8443