印刷ページを表示

HOME > CSRについて > 地球環境保全への取り組み > 環境マネジメント

環境マネジメント

環境方針

ISO14001に基づく環境マネジメントシステムに従い、環境汚染の予防を推進すると共に、環境負荷の低減とシステムの継続的改善に努める。事業活動全般の環境影響評価を行い、環境目標(中長期、年度)を定め、定期的に見直しを実施する。環境関連の法規、規制及び協定、受入を決めたその他の要求事項を遵守すると共に、自主基準を設けこれを管理する。
環境負荷の低減を目指した次の活動を重点的に取り組む。

1. 環境配慮製品創出
製品の設計から使用、廃棄に至るまでのライフサイクルにおいて、環境に配慮した製品づくりを行う。
2. 温暖化防止

[1]省エネルギー
省エネルギー活動により、エネルギー使用量の低減を促進し、CO2の発生量を削減する。

[2]SF6の大気排出抑制
電気絶縁ガス(SF6)の大気への排出を抑制する。(SF6の大部分を回収すれば、機器のコンパクト化によるCO2削減効果の方が大きい)

3. 排出抑制

[1]省資源・リサイクル
資源を有効に活用するため、資源の節約と廃棄物の削減・再利用を促進する。

[2]環境汚染防止
揮発性有機化合物(VOC)、排水、油及び化学物質の排出、漏洩等による環境汚染を防止する。

(2000年10月制定)
(2011年9月改訂)

グリーン調達

環境に配慮した調達活動を推進しています

当社では、環境負荷の少ない部品や材料を優先して調達するために「グリーン調達ガイドライン」を定めています。
グリーン調達については、こちらをご覧ください。>> http://nissin.jp/procurement/index.html

このページのトップへ戻る

環境マネジメントシステム

環境マネジメント体制

国内、海外の日新電機グループを本社事務局で統括する体制をとっています。2013年4月1日より、社長が全社環境委員会委員長に就任し、経営戦略を考慮した環境マネジメント体制の強化を図っています。

環境マネジメント体制

ISO14001環境マネジメントシステム認証状況

国内でのISO14001認証取得状況

国内でのISO14001認証取得状況
(株)オーランド

海外でのISO14001認証取得状況

  • 日新電機タイ株式会社(タイ)〔取得日2007年1月24日〕
  • 北京宏達日新電機有限公司(中国)〔取得日2009年9月27日〕
  • 日新電機(無錫)有限公司(中国)〔取得日2010年11月3日〕

このページのトップへ戻る

環境教育

eco検定受験を推奨

環境問題への基本的な知識を身に付け、行動に移せる人材を育成するため、東京商工会議所が主催する環境社会検定試験(eco検定)受験を推奨しています。受験者向け勉強会などを実施し、受験する社員を応援してきた結果、これまで158人が合格し「エコピープル」となりました。会社や家庭での環境意識が高まり、お客様との対話や環境課題の理解などの場面で習得した知識を役立てています。

環境社会検定試験(eco検定):年2回実施される。複雑化・多様化する環境問題を、幅広く体系的に身につけることで、企業活動と環境問題の相関を理解し実践できるようになるのが狙い。

環境教育実施一覧

  • 全員教育:環境ガイドブック、環境カード他
  • 環境部門責任者等:セミナー
  • 監査員、事務局:内部監査員教育
  • 資格必要業務:法定資格、法定研修
  • 特定施設管理者:重要性等の教育

このページのトップへ戻る

生物多様性への取り組み

当社は従来から地域の河川や森を守る活動を地域の皆様とともに展開してきました。これらの関係を整理し、取り組みを強化していくため生物多様性ガイドラインを制定・評価し、目標を設定しています。

京(みやこ)の生きもの・文化協働再生プロジェクト認定文
京の生きもの・文化協働再生
プロジェクト認定文
敷地内の緑地再生
敷地内の緑地再生

京(みやこ)の生きもの・文化協働再生プロジェクト

京都市は、京都市生物多様性プランに基づき、京都の祭りや文化を支えてきた生きものの保全・再生のために活動する団体の取り組みを認定し、必要に応じて技術的な支援のための専門家を派遣する「京の生きもの・文化協働再生プロジェクト認定制度」を2014年に創設しました。当社では、本社工場内の緑地部の再整備を行うにあたり、本プロジェクトの認定を受けました。

(公財)京都市都市緑化協会の専門家に、現地を視察したうえで緑地設計をしていただき、2015 年6月に整備を完了。フタバアオイやヒオウギなど、京都の文化にゆかりのある植物を育てています。今後も京都固有の生態系保護をはじめとする生物多様性の保全活動を進めていきます。

フタバアオイ:希少になりつつある在来の草花で、京都・賀茂神社の祭礼「葵祭」に使用される。当社では(特非)葵プロジェクトから株分けいただいたものを育成し、一部を葵祭に奉納している。

御室・天神川を美しくする企業協議会への参画
御室・天神川を美しくする
企業協議会

「御室・天神川を美しくする企業協議会」への参画

当社は、本社の近隣を流れる御室川と天神川の両河川美化を推進するため1978年に結成された企業協議会に、結成当初より参画・活動(主に水質状態の調査や清掃活動)しています。

京都モデルフォレスト協会の活動支援、植林活動、清掃活動
京都モデルフォレストの活動に参加

京都モデルフォレスト協会の活動支援、植林活動、清掃活動

(公社)京都モデルフォルスト協会の取り組みに賛同し、社員にその取り組みを紹介し、積極的に参加することをよびかけています。

広報誌に「FSC®認証紙」を使用

生物多様性への取り組みの一環として、発行部数の多い広報誌に「FSC認証紙」を使用しています。「FSC認証紙」とは、環境や社会への配慮をもとに適切に管理された森林にて採取した木質原料を使用し、生産されていることが認証された紙のことで、この紙を使用することで世界の森林の保全につながります。

このページのトップへ戻る