お客様のお役に立ち、信頼される会社であり続けられるよう、お客様の視点に立った活動を実施しています。

品質向上活動

品質方針

法令・規制要求事項および顧客要求事項を満たすことの重要性を理解し、顧客およびそれ以外の密接に関連する利害関係者に信頼される製品・施工・付帯サービスを技術と誠実な対応で提供するとともに、品質マネジメントシステムの継続的改善に努め、効果的に機能させることにより、顧客満足の向上を目指します。

品質保証体制

「システム製品の総合品質保証」 「お客様からのお問い合わせや不具合連絡への対応」「全社横断的な品質管理」の3つの機能を持った品質保証統括部が全社横断的な役割を担って、迅速で適切なお客様対応と品質の高い製品を目指して、品質保証と品質管理に取り組んでいます。

品質保証体制図

customer_image1

品質向上のための各種取り組み

日新電機グループQA会議

過去に発生した不具合の再発防止策と不具合の未然防止策について日新電機グループの品質保証部門のメンバーが議論する場として、2015年度に日新電機グループQA会議を開始し、継続的な品質向上を目指して活動しています。


日新電機グループQA 会議

全社品質大会

各部門の品質改善の取り組みに学び、品質意識向上と改善に取り組むきっかけとして、全社品質大会を2012年度から日新電機グループで開始しました。年4回開催し、各地点をテレビ会議で結び、経営層を含め毎回200人以上が参加し、取り組みの紹介と活発な意見交換により、品質向上に向けた改善や不具合事例を共有し、品質意識の醸成を図っています。また、大会後にもQCコール「NOミスでいくぞ」により、品質意識の統一を図っています。


全社品質大会

3H 活動

3Hとは、はじめて(Hajimete)、変更(Henkou)、久しぶり(Hisashiburi)の頭文字で、ミスの起きやすい3Hの場面で、事前に課題に気付き、問題が発生しないように確認しながら仕事を遂行し、事故や不具合を未然に防止する活動で、海外グループ会社も含め当社グループ全体で活動に取り組んでいます。

製品安全審査(PSR:Product Safety Review)

安全な製品をお客様に供給し、かつ安全に使用していただくために、当社が製作および販売する製品の安全性について「技術的な配慮がなされているか」「保護装置などでの安全対策がとられているか」「警告表示により危険性が回避できるようになっているか」を設計段階と製造段階で審査しています。

日新電機グループ各社のISO9001認証取得状況

地域 会社名 初回登録年月 現行版 現行版の取得年月
日本 日新電機株式会社 本社 1996.6 2015年版 2018.3
前橋 1994.1 2015年版 2018.3
株式会社NHVコーポレーション 1995.4 2015年版 2017.8
日新イオン機器株式会社 1996.11 2015年版 2018.1
日本アイ・ティ・エフ株式会社 2004.1 2015年版 2017.8
日新パルス電子株式会社 2001.12 2015年版 2017.10
中国 北京宏達日新電機有限公司 2009.9 2015年版 2017.10
日新電機(無錫)有限公司 2005.4 2015年版 2016.9
日新(無錫)機電有限公司 2005.7 2015年版 2017.6
日新馳威輻照技術(上海)有限公司 2013.2 2008年版 2013.2
日新意旺高科技(揚州)有限公司 2013.10 2015年版 2017.10
日新高性能塗層(瀋陽)有限公司 2016.3 2015年版 2018.1
台湾 日亜電機股份有限公司 1996.2 2015年版 2017.6
タイ 日新電機タイ株式会社 1998.12 2008年版 2009.12
ベトナム 日新電機ベトナム有限会社 2007.12 2015年版 2017.2

日本の品質を海外でも GLOBAL

中国を拠点とする海外グループ会社で、3H活動を推進し、取り組みを共有して互いに学ぶことでさらなる改善につなげることを目的に、品質分科会を中国にて行っています。
こうした中国拠点での品質管理支援の経験を活かし、2016年度からは日新電機ベトナム(有)でも、整理を1Sとして、まずは「1S 整理」から、何事にも真剣に向き合う平均年齢が27歳と若い同社社員とともに、日々品質改善に取り組んでいます。


日新電機(無錫)有限公司で
開催した品質分科会

日新電機ベトナム(有)での
品質管理指導

お客様の声を改善へつなげる

さまざまな場面でお客様の声を集約・分析

お客様からのさらなる信頼を得るために、当社グループにCSセンターを設置し、お客様からのお問い合わせ、不具合連絡などのお客様から寄せられた声を一元的に集約、分析して、各部門へフィードバックすることにより、製品・サービスを改善しています。

製品出荷前の立ち会い検査は、お客様の声を直接伺うことができる貴重な機会であると捉え、お客様アンケートを2003年から実施しています。当初は評価点方式で実施していましたが、2017年4月から、より積極的にコミュニケーションを図るためにアンケートを記述方式に改善して運用しています。

こうして集約した声をもとに、当社の体制や体質を見直し、さらなるお客様満足度向上へ向けて、日々改善に取り組んでいます。

※  CSセンター:お客様からの不具合連絡やお問い合わせを受け付けるなどの初期対応を担う部署。

お客様との意見交換

メールマガジン「テクノレター」を配信

電気設備や監視装置についてのトラブル未然防止方法、お客様からの質問を基にしたQ&A、当社の技術情報、連休中の緊急連絡体制およびバックナンバーの紹介など、電子メールによる技術サポートをご希望のお客様に「日新電機からお客様へのテクノレター」を定期的に配信し、コミュニケーションツールとして活用しています。

ライフサイクルエンジニアリングの推進

ICT・IoTを使った設備点検の自動化

当社グループでは、現地据付け調整工事から点検・修繕および設備診断までのライフサイクル全体にわたって、きめ細かいサポートを提供しています。

近年、製品事故を未然に防ぐための設備診断に関心が高まる中、操業を停めずに活線状態でより早く異常兆候を掴む「活線診断」に注力し、最新のセンサー技術を用いた設備診断メニューを提供してきました。

そして、現在は、ICT・IoTを使い現場でより正確により早い点検を目指し、保護リレーの自動点検システムの構築に取り組んでいます。また、測定したデータについても、測定終了と同時に報告書として提出できるように自動化を図る計画としています。

今後は新たなセンサー技術による設備診断をご提案し、より信頼の高い点検技術を通じて「お客様の安心と信頼」にこたえるライフサイクルエンジニアリング事業を展開していきます。

※  ICT・IoT:「Information and Communication Technology」、「Internet of Things」の略。機器同士のネットワークを構築し、随時収集した情報をさまざまな物事に役立てようとする考え方。

ライフサイクル図

ICTを使った点検風景

電子線照射装置の点検

(株)NHVコーポレーションが製造する電子線照射装置は、世界31カ国で400台以上が現在も稼働し、お客様の生産活動に貢献しています。その多くは一年中稼働しており、定期的な点検が重要です。(株)NHVコーポレーションでは、お客様の生産活動に合わせて米国拠点・中国拠点と協力し合い世界31カ国に出向して点検を行い、装置の重要部品の老朽化や、万一の際の早期復旧のための予備品に関する情報提供や提案を行っています。

運転記録の蓄積や通信手段を用いたリモートメンテナンスなどもお客様と検討を進めています。

これからも定期的な点検により、お客様の生産活動の安定的な継続を支えていきます。

お客様の課題を解決する製品・サービスの提供

大雨による浸水被害の軽減に貢献

京都府の桂川右岸流域の雨水対策施設である雨水北幹線(いろは呑龍トンネル)は、2001年の供用開始以降、多くの浸水被害の軽減に貢献してきました。桂川右岸流域は古くから浸水被害が多発する地域ですが、2013年の台風18号などの豪雨では貯留率100%(約10.7万㎥)を記録し、浸水被害の軽減に大きく寄与しました。

当社は、この幹線全体の集中監視制御を行う監視制御システムを納入しています。この度、監視カメラのリアルタイム映像を解析して雨水の流入を検出する機能を追加納入し、2018年度より運用を開始しました。

従来は、流入した雨水がポンプ場へ到達するまで雨水流入がわからなかったのですが、今回追加した機能により、雨水が流入口に流入すると同時に流入を検出できるようになりました。また、検出すると防災関係者の携帯電話などに画像付きメールで通知する機能を付加したので、従来より早く流入情報を把握できるようになりました。

今後も、新たな対策を提案し、被害の軽減に貢献していきたいと考えています。


監視カメラで現場の状況を確認

受変電設備を学ぶ「お客様向け研修」の実施

2006年に「五感で学ぶ」というコンセプトで開設した技術・技能育成センターでは、お客様を対象に受変電設備の保守に携わる電気技術者の育成を支援する研修を実施しています。2017年度はのべ5回開催し、計37人に参加いただきました。

研修は、実務経験豊富な当社技術者が講師を務め、日常業務では経験できない実習を中心に行うほか、受講者との交流を重視した内容となっています。


受配電設備の停電、復電操作を
実機で学ぶお客様

お客様向け研修の内容

「受変電設備保守」コース(所要日数:2.5日)
1日目 受変電設備の基礎理論(机上研修)
2日目

主要機器の構造と取り扱い(机上研修・実習)

安全作業を学ぶ(机上研修・実習)

停電、復電操作の基本操作と注意点について、実機を使い、キュービクル式受電設備に6,600Vを課電した状態で行う実習。

電気設備の事故事例と適切な保全業務(机上研修・実習)

絶縁劣化の兆候のある電力機器を教材にした、劣化診断装置での調査や配線端子の締付不良による過熱異常体験、サーモラベルの変色体験などの実習。

3日目

製品製造過程見学

電気設備の保守点検の要点(実習)

保護継電器の特性試験および遮断器の点検の実習。

電気設備の事故例とトラブル調査方法の解説(机上研修・実習)

人工的に高圧地絡事故を発生させたうえでの、継電器の動作、不要動作の体験や、制御電源の地絡点調査方法の実習。

技術交流会