配当政策

適正な利益還元に配慮

当社は企業価値を中長期的に向上させることが株主様への責任であると考えています。同時に、適正な利益還元を経営上の最重要課題のひとつと位置付けています。
配当については、安定的な配当の維持を基本に、配当性向、業績結果や見通し、内部留保水準などを総合的に勘案した上で決定しています。

配当金の推移(5年間)

回次 第155期 第156期 第157期 第158期 第159期
決算年月 平成25年3月 平成26年3月 平成27年3月 平成28年3月 平成29年3月
1株当たり
配当総額(円)
10
12
13 18
30
(中間配当(円)) (5) (6) (6) (7) (11)
(期末配当(円)) (5) (6) (7) (11) (19)
※第159期は、期末配当(1株当たり19円)に記念配当1株当たり8円を含んでいます。