2014.04.01
2014年度入社式 社長挨拶(要旨)

日新電機株式会社(本社:京都市右京区、社長:小畑英明)は、4月1日(火)午前10時より、平成26年度入社式を本社(京都市右京区梅津高畝町47番地)で行いました。

今年度の国内での新入社員はグループ全体で47名です。

(本体 27名、日新イオン機器(株) 5名、(株)日新システムズ 12名、日本ITF(株) 3名 )

社長の小畑の挨拶(要旨)は次のとおりです。

 

「日新電機グループ」への入社おめでとう。皆さんをグループあげて心から歓迎したい。

会社は「人」こそが生命である。「人」が生き生きと仕事をしていれば、会社も活力をもって発展していける。従って、新しい「人」が入って来てくれるということは会社に新たに生命が加わってくれるという事で本当にうれしいことである。

日新電機が創業以来100年を超えて成長を続けてきたのは「日新電機」という社名に込めた精神、すなわち「苟(まこと)に日に新(あらた)にせば、日日に新に、又日に新なり」という、常に、新たな気持ちで新たな挑戦をしていこうという事業精神を私たちの先輩が代々受けつぎ、そして、その精神を実践してきたからであると考えている。

これからも社名に込められた「日日に新に」という精神を軸において、皆さんと共に日新電機グループを成長させ続けていきたいと考えている。

新入社員の皆さんには、社名に込められた事業精神を基本に置きながら3つのことを要望する。

1. 日新電機グループは国内外に27の(国内8、海外19)関係会社を有する企業グループである。globalな企業グループに入社したことをしっかり心において「いつでも世界のどこへでも行く」覚悟と準備を怠らないようにして欲しい。
2. 仕事は一人ではできない、一つの部門でもできない、日新電機だけでもできない。さまざまな人、さまざまな部門、さまざまな会社とのコラボレーションの中でしか仕事はできないのである。そのために情報のパス回しをよくして、「コラボレーション=協業」をしっかりすることを心がけて仕事をして欲しい。
3. 「自分に正直に」、「会社に正直に」、「社会に正直に」。「会社社会に正直に」というのは、会社や、社会のルールや規範、法律に正直に曲がったことをしてはいけないということです。「自分に正直」というのは自らを律して前に進んでいって欲しいということ。これらの三つの「正直」を常に基本において仕事をし、生活をしていってほしい。

今話した三つを心に留めて研修と仕事に取り組み、一日も早く日新電機グループの最前線で先輩とともに厳しい環境に立ち向かっていける力を身につけてくれることを期待して、祝いの辞とする。

 

[本件に関するお問い合わせ]

〒615-8686 京都市右京区梅津高畝町47番地
日新電機株式会社 経営企画部広報グループ  (075)864-8849