2018.01.31
九条工場に新事務棟を新設
~設計機能を集約しリードタイムを短縮~

日新電機株式会社(本社:京都市右京区、社長:齋藤成雄)は、配電盤を製造する九条工場(京都市南区)敷地内に、新たに事務所棟を建設し、2017年12月21日に竣工しました。

 

事務棟新設にあたり、本社工場と九条工場に分散していた設計機能を九条工場に集約するため、新事務棟を建築し、設計フロアを拡張することで生産体制を整備しました。これにより、設計から製缶・塗装・組立までの配電盤の一貫生産工場の機能を活かし、リードタイム短縮が図れます。

民間企業の設備更新に伴う投資が見込まれるため、需要拡大が予想される配電盤と多様化するお客様のご要望にお応えしていきます。

 

さらに設計フロア拡張以外では、食堂や医務室を一新するとともに、バリアフリー化として、フロアや通路など床の段差をなくしてフルフラットにし、さらに車いす使用者用トイレやエレベーターを設置するなど、働きやすい職場環境に配慮した造りとしています。

 

【新事務所棟の概要】

建 設 地 日新電機(株)九条工場(京都市南区吉祥院三ノ宮町132番地)
完   成 2017年12月21日竣工
概   要 鉄骨造/地上2階建て、延床面積:1,283.5㎡
投資金額 350百万円

【参考資料】

■九条工場の概要

名   称 日新電機(株)九条工場
所 在 地 京都市南区吉祥院三ノ宮町132番地
主 な 業 務 配電盤の製造
設   立 1968年2月
面   積 敷地 2,873㎡
従 業 員 52人 (2017年3月末)
生 産 能 力 150面/月

 

[本件に関するお問い合わせ]

〒615-8686 京都市右京区梅津高畝町47番地
日新電機株式会社 システム装置事業部製造部  (075)681-9011