• 日新電機トップ
  • ニュースリリース
  • ミャンマー 電力エネルギー省ヤンゴン配電公社より33kV配電自動化システム15台を受注 ~ミャンマーにおける電力安定供給に貢献~

2019.03.19
ミャンマー 電力エネルギー省ヤンゴン配電公社より33kV配電自動化システム15台を受注 ~ミャンマーにおける電力安定供給に貢献~

日新電機株式会社(本社:京都市右京区、社長:齋藤  成雄)は、ミャンマー連邦共和国(以降ミャンマー)の電力エネルギー省傘下のヤンゴン配電公社(Yangon Electricity Supply Corporation:以降 YESC)より、33kV 配電自動化システム15台を受注しました。

 

急速な経済発展を続けるミャンマーでは電力需要が増え続けており、電力供給の安定性が大きな課題となっています。当社は2013 年に JICA(独立行政法人国際協力機構)の技術実証案件に参画、柱上ガス開閉器を中核とする配電自動化システムをミャンマー最大の都市ヤンゴンの配電会社であるYESCに供給しました。本システムは、配電線上で事故が発生した際、事故区間を特定、確実に分離し、停電範囲の最小化と早期の事故復旧に貢献できることから、高い評価を受けています。この評価を背景に、当社が長年培った経験と技術を活用し、ミャンマーの電力事情に合致した高い耐久性を持つ柱上真空開閉器を採用した配電自動化システムを開発しました。この柱上真空開閉器は、当社グループ会社の日新電機タイ株式会社(所在地:タイ、社長:天海秀樹)で生産し、品質・価格・納期でもお客様のニーズにお応えしていきます。

 

これからも信頼性・耐久性の高い機器を提供することで、ミャンマーでの電力の安定供給に貢献するとともに、ヤンゴン以外の都市にも本システムの提案を進めていきます。

ミャンマーでは、2030年までに電力空白地の解消を目標としており、さらなる市場拡大が期待されています。日新電機グループは、今回の受注を足掛かりとして、ミャンマーでの電力インフラ整備事業に積極的に取り組んでまいります。

 

配電自動化システム

 

<ご参考>

■ヤンゴン配電公社(Yangon Electricity Supply Corporation)の概要

ミャンマー電力エネルギー省(MOEE:Ministry of Electricity and Energy)の管轄下で、ヤンゴンエリアの33kV以下の配電系統および、系統内の66kV・33kV変電所の建設・運用と、料金徴収などの小売業務を担う。2015年に民営化を実施。

 

■日新電機タイ株式会社の概要

名   称 日新電機タイ株式会社(Nissin Electric(Thailand)Co., Ltd.)
代 表 者 代表取締役社長 天海 秀樹(当社常務執行役員)
所 在 地 パトゥムタニ県ナワナコン工業団地内(バンコクから北へ約50キロメートル)
設   立 1987年10月
資 本 金 335百万バーツ(11.4億円)
事 業 内 容 (1) 産業用装置・部品受託加工事業
(2) 電力機器事業
(3) 薄膜コーティングサービス事業
従 業 員 数 685人(2019年1月末時点)

 

[本件に関するお問い合わせ]

〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1番地(神田和泉町ビル6階)
日新電機株式会社 電力・環境システム事業部海外営業部  (03)5821-5908