2019.08.05
グループ全体で改善活動を共有し、ものづくり基盤を強化 ~「小集団Kaizen活動世界大会」を開催~

日新電機株式会社(本社:京都市右京区、社長:齋藤成雄)は、日新電機グループのものづくり基盤の強化、結束力の強化を目的に、年に1回前年度の改善活動を報告する、第15回グローバルNPS大会「小集団Kaizen活動世界大会」を7月9日に日新アカデミー研修センターで開催しました。当日は、発表者・聴講者を合わせ163名が参加しました。

 

本大会には、国内4チーム・中国語圏(北京、天津、無錫、上海、台湾)4チーム・ASEAN1チームの計9チームが参加。それぞれ、テーマの選定理由、活動内容、苦労した点、改善成果などを発表し、改善事例を共有しました。当日は、当社役員が審査を行い、以下の3チームを表彰しました。

 

【大会概要】

開   催   日 7月9日(火)
開  催   場  所 日新電機株式会社 日新アカデミー研修センター
発表チーム数 9チーム(計18名)
聴  講   者  数 145名

【大会結果】

金賞 日新電機株式会社 電力・環境システム事業本部
ソリューションシステム事業部 製造部 電子機器製造グループ
銀賞 日新(無錫)機電有限公司
銅賞 日新電機ベトナム有限会社

 

表彰式後、社長の齋藤より「発表テーマのレベルが上がっており、上位選定に苦労しました。今回の発表テーマのような大きな改善テーマは、さらに進めて頂くとともに、日常の小さな改善にも取り組んでください。」と全体講評がありました。

日新電機グループのさらなる成長に貢献する改善活動として、グローバルに「小集団Kaizen活動」を継続していきます。

 

小集団kaizen活動世界大会 発表の様子 社長の齋藤と優勝チームメンバー
小集団Kaizen活動世界大会 発表の様子 社長の齋藤と優勝チームメンバー

参考資料

【用語解説】

・NPS

NPS(Nissin Production System)とは日新電機の独自のものづくり文化のことです。日新電機グループ全体で当社の特徴(少量多品種、受注生産など)から生じる制約条件を改善し、お客様に提供する価値を向上させるための活動全体を指しています。

・グローバルNPS大会

グローバルNPS大会は、NPS活動の発表の場として日新電機グループ全体で年1回開催。今回開催した小集団Kaizen活動世界大会だけでなく、意見交換会を含めた総称。

 

[本件に関するお問い合わせ]

〒615-8686 京都市右京区梅津高畝町47番地
日新電機株式会社 経営企画部広報グループ  (075)864-8849