2020.01.10
糺の森財団への寄付を実施

公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金(所在地:京都市右京区、理事長:小畑英明、以下、当基金)は京都の歴史的文化財保護に協力するため、12月12日に公益財団法人世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会(所在地:京都市左京区、理事長:千玄室、以下、糺の森財団)へ金20万円を寄付しました。寄付奉告祭が賀茂御祖神社(通称:下鴨神社)にて執り行われた後、新木直人宮司より当基金理事長の小畑に感謝状が授与されました。

 

今回の寄付は、糺の森の保全や社殿の修繕、また昨年の台風21号による倒木で被害を受けた文化財の復旧などに充当されます。

 

日新電機株式会社(所在地:京都市右京区、社長:齋藤成雄)では、文豪・谷崎潤一郎が暮らし、小説「夢の浮橋」の舞台となった「石村亭」(京都市左京区)を1956年に譲り受けて以来、谷崎との約束を守り、当時の趣や佇まいを変えずに維持・保存しています。石村亭での庭からの眺めが糺の森を借景としているなど当時の石村亭の風景を維持するために、糺の森と賀茂御祖神社が大切であると考え、糺の森財団への寄付を2016年から開始しました。当基金ではその事業を継承し、毎年寄付を実施しています。

 

世界遺産史跡糺の森・国宝賀茂御祖神社とその祭事は、2000年以上守り引き継がれた貴重な人類の遺産です。しかし、環境変化によって糺の森は荒廃の危機に直面し、また賀茂御祖神社の各社殿群も技術者不足や資材の入手困難、伝統祭事や古典芸能等も後継者不足が深刻な問題となっています。

 

当基金は今後も、糺の森と賀茂御祖神社の国宝・重要文化財・伝統を後世に継承するための活動を行う糺の森財団への継続的な寄付を通じて、京都を中心とした歴史的文化財の保護に協力していきます。

 

左から当基金理事長の小畑、新木宮司

 

<参考資料>

・日新電機グループ社会貢献基金の概要

名     称 公益財団法人 日新電機グループ社会貢献基金
代  表  者 理事長 小畑 英明(日新電機株式会社 代表取締役会長)
所  在  地 京都市右京区梅津高畝町47番地(日新電機株式会社 総務部内)
設     立 2017年3月9日
財  団  規  模 約50百万円
事  業  規  模 年間 約25百万円
事  業  内  容 (1)技術系人材の育成

・国内外の学生・生徒を対象とした完全給付型奨学金制度の運用

・技術系人材の裾野拡大に向けた諸活動

(2)京都を中心とした歴史的文化財の保護

(3)地域の環境保全活動への協力

ウェブサイト  http://nissin.jp/sczaidan/

 

[本件に関するお問い合わせ]

〒615-8686 京都市右京区梅津高畝町47番地
公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金 事務局  (075)864-8443