印刷ページを表示

HOME > ニュース > 2014年 > 業界初!「直流集電機能内蔵250kW屋外形パワーコンディショナ」の発売

2014.10.16

業界初!「直流集電機能内蔵250kW屋外形パワーコンディショナ」の発売

太陽電池と屋外形パワーコンディショナの接続が容易に

 日新電機株式会社(本社:京都市右京区、社長:小畑英明)は、大規模太陽光発電システムへの接続が容易となる直流集電盤の機能を内蔵した「直流集電機能内蔵250kW屋外形パワーコンディショナ」を開発、2014年11月1日より発売いたします。250kW屋外形で直流集電機能を内蔵したパワーコンディショナは業界初です。

 直流集電盤は大規模太陽光発電システムに必要不可欠な機器です。従来は、パワーコンディショナとは別で設置されるため、それぞれの据付・工事が必要でした。本製品により、直流集電盤の据付・工事が不要となり、大幅な効率化が望め、「省スペース、施工性の向上・保守性の向上」を可能にしました。

 今回、発売を開始するのは、250kW屋外形パワーコンディショナです。500kW屋外形パワーコンディショナ、250kW屋内形パワーコンディショナに関してはすでに直流集電機能をオプションで提供しており、今回250kW屋外形に対応することで、SOLARPACKシリーズにおける、直流集電機能内蔵パワーコンディショナの品揃えを強化しました。
 本製品は、産業向け太陽光発電の発電事業者様、システムエンジニアリング事業者様をはじめとする、国内のユーザー様向けに積極的に販売していきます。

 「直流集電機能内蔵250kW屋外形パワーコンディショナ」の特長は以下の通りです。

省スペース、施工性の向上・保守性の向上

 メガソーラー級の大規模太陽光発電施設では、1MWの場合で、直流集電盤が通常は10台程度必要となりますが、本器を採用することにより、これらの据付が不要となりパワーコンディショナから接続箱までの設置コストの削減と施工期間の短縮が可能となります。
 また、パワーコンディショナに直流集電機能が集約されることにより、点検時の確認作業や部品交換作業も容易になり保守性が向上いたします。

写真(直流集電機能内蔵250kW屋外形パワーコンディショナ外観 背面,
赤で囲ってる部分が直流集電機能内蔵部)

以上

【参考資料】

  ◆直流集電機能"付き"パワーコンディショナのラインナップ
  
    ・250kW 屋内形パワーコンディショナ(列盤形)
    ・250kW 屋外形パワーコンディショナ(今回、新発売)
    ・500kW 屋外形パワーコンディショナ(内蔵形)


  ◆製品仕様

下記URLより太陽光発電用パワーコンディショナのページへジャンプします。

http://nissin.jp/product/renewable/pcs/index.html



[本件に関するお問い合わせ先]
  こちらのフォームよりお問合せください

お問い合わせ先

〒615-8686 京都市右京区梅津高畝町47番地
日新電機株式会社 広報グループ
TEL:075(864)8849

このページのトップへ戻る