利用場所
  • 自動車

薄膜コーティング(PVD:Physical Vapor Deposition (物理蒸着))装置とは、真空中で金属材料をアーク放電で蒸発させ、工具や金型、部品などの表面にコーティング処理を行う装置です。金属材料やガスを変えることで、TiN膜、TiCN膜、TiAlN膜、CrN膜、DLC膜(ダイヤモンドライクカーボン膜)など色々なコーティングを行うことができ、用途によって最適なコーティング膜を選ぶことができます。それらの膜は、硬くかつ滑りが良いなどの特性を持ち、工具などの寿命を大幅に延ばすことが可能です。