清原工業団地内「工場間一体省エネルギー事業」の
電力安定供給に貢献

電力機器事業

清原スマートエネルギーセンターに66kV特高受変電設備を納入

72kV超縮小形ガス絶縁開閉装置(XAE7)

東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社殿が「工場間一体省エネルギー事業」として建設した清原スマートエネルギーセンターに66kV特高受変電設備を納入しました。

本事業は栃木県宇都宮市清原工業団地内にある複数の事業所のエネルギー需要をまとめ、需要に見合う大型コージェネレーションシステムを導入し、電力・熱を面的に最適供給するものです。当社設備は電力系統とコージェネレーションシステムを連系し、各事業所へ

ガス絶縁中性点抵抗器(左)と
ガス絶縁中性点補償リアクトル(右)

の電力供給を行う役割を担っています。

超縮小形ガス絶縁開閉装置(XAE7)採用による省スペース化、高効率変圧器採用による省エネルギー・CO2削減を図っており、さらに電力系統との連系運転および自立運転においても、電力の安定供給を行うためにケーブル補償用リアクトル、中性点抵抗器を設置しています。

系統の2重化構成により省エネルギーと事業継続計画(BCP)性向上を図るエネルギーセンターへの電力安定供給に貢献していきます。

納入品

  • ・ 72kV超縮小形ガス絶縁開閉装置(XAE7)
  • ・ 66kV 20MVA 高効率OF式変圧器(GIS直結形) 2台
  • ・ 66/√3kV 1000kVA ガス絶縁中性点補償リアクトル 2台
  • ・ 66/√3kV 500kVA ガス絶縁中性点補償リアクトル 2台
  • ・ ガス絶縁中性点抵抗器
  • ・ 7.2kV高圧スイッチギヤ

関連製品リンク



打ち合わせご希望の方はこちら