利用場所
  • 受託サービス

電力供給に係る器具・部品について、短絡強度・遮断性能などさまざまなニーズに応え試験を行います。また、高電圧技術を駆使してインパルス電圧試験や交流電圧試験にも対応しています。

当社試験所の特長

主な試験対象機器

配電盤(キュービクル)、変圧器、リアクトル、変流器(CT)、電力ケーブル、遮断器、開閉器など各種電力機器の試験が可能です。

JISQ17025(ISO/IEC17025)の認定を取得

当試験所は、JAB(日本適合性認定協会)よりJISQ17025 「試験所及び校正機器の能力に関する一般要求事項」 の認定(RTL03480)を取得しました。
この認定は試験所の中立性や技術力など、試験所が国際的な認知を受けた証です。

STL(国際短絡試験協会)メンバー試験所に認定

STLは世界の有力な高電圧・大電力試験所で組織されており、メンバー試験所は最も信頼できる試験所として世界的に評価されています。
当試験所は、STLの正会員であるJSTC(日本短絡試験委員会)のメンバー試験所として活動しています。

試験内容

大電力試験

試験種類 試験能力
大電流通電試験 通電可能電流 ~63kA (157kAp)
通電時間 ~3s
短絡遮断試験 適用電圧 3.6kV~7.2kV
遮断電流 ~20kA
負荷開閉試験 適用電圧 3.6kV~7.2kV
開閉電流 200A~600A
力率 0~0.7
進相電流開閉試験
(無負荷充電電流、コンデンサ電流)
適用電圧 3.6kV~84kV
開閉電流 ~50A
変圧器無負荷電流遮断試験 適用電圧 3.6kV~84kV
遮断電流 1A~20A

高電圧試験

試験種類 試験能力
雷インパルス試験 耐電圧試験、破壊試験、
50%閃絡試験、VT特性試験、
注水耐電圧試験、裁断試験
最大発生電圧 ±3100kV
発生波形 ±1.2/50μs
開閉インパルス試験 耐電圧試験、破壊試験、
50%閃絡試験、VT特性試験、
注水耐電圧試験
最大発生電圧 -2500kV,+1550kV
発生波形 ±250/2500μs
交流試験 耐電圧試験、破壊試験、50%閃絡
試験、
部分放電試験
 1kV~325kV
 測定感度 1PC以下
重畳試験 インパルス電圧重畳化
試験可能範囲 50kV~900kV

認定試験業務

下記認定取得範囲は、JAB(日本適合性認定協会)のHPに掲載されています。
http://www.jab.or.jp/system/service/testinglaboratories/accreditation/

大電力試験

業務範囲 分野コード:M21 電気試験
クラス1:M21.3 大電力試験
クラス2:21.3.6
(電流≦63kA
通電時間≦3秒)
開閉装置の投入及び遮断試験以外の大電力試験(短時間耐電流試験、アーク試験、動作責務試験、短絡試験(変圧器、CT、PT、ケーブル、リアクトルなど)、残留電荷放電試験、抵抗体通電試験など)
試験規格 短時間耐電流試験 開閉装置一般 IEC 62271-1 6.6
JEC 2390 6.7
遮断器 IEC 62271-100 6.6
JEC 2300 6.8
JIS C 4603 9.6
断路器および接地開閉器 IEC 62271-102 6.6
JEC 2310 6.7
負荷開閉器 IEC 62271-103 6.6
IEC 62271-104 6.6
JIS C 4605 6.5
JIS C 4607 6.5
配電盤 IEC 62271-200 6.6
IEC 62271-201 6.6
JEM 1425 8.5
ガス絶縁開閉装置 IEC 62271-203 6.6
JEC 2350 7.12
変流器 IEC 61869-2

  7.2.201,7.2.6

JEC 1201 2.3

ケーブルの短時間耐電流試験

モールドトランスの短絡試験

開閉器の負荷開閉試験

キュービクル収納遮断器の短絡試験

コントロールセンターの短絡保護協調試験

GISの静電誘導電流遮断試験

高電圧試験

業務範囲 分野コード:M21 電気試験
クラス1:M21.2 高電圧試験
クラス2:21.2.2
(50kV ≦ 試験電圧値
(実効値)≦ 900kV )
交流電圧試験
試験規格 耐電圧試験 IEC 60060-1(4.4 4.5 6.3.2 6.3.3 を除く)
IEC 60060-2
JEC 0201(3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 4.3 6.3 6.4 6.5 6.6 6.7 を除く)

設備説明

大電力試験

短絡発電機 500MVA(3 サイクル時点で400MVA=√3×13.2kV×17.5kA)の容量の短絡発電機を備えており、各種短絡強度検証,並びに遮断性能検証試験の電源として使用します。この発電機に次の変圧器を組合せ、様々な試験に対応します。
大電流変圧器 定格(短時間) 単相 6.6kV/275-550V  31700kVA
台数 3台
用途 各種短絡強度検証
短絡変圧器 定格(短時間) 単相 13.2kV/20-40-80kV  15000kVA 70号 
単相 13.2kV/20-40-80kV  15000kVA 140号
台数 各1台
用途 各種遮断性能検証試験

高電圧試験

インパルス発生装置 定格 3600kV 540kJ
発生波形 ±1.2/50μs
最大発生電圧 3100kV
交流高電圧発生装置 定格 1100kV 3300kVA
試験可能範囲 50kV~900kV

実施場所

大電力試験

〒615-8686
京都市右京区梅津高畝町47番地
日新電機株式会社高電圧大電力試験所
大電力試験室
TEL:075(864)8402

高電圧試験

〒371-8515
群馬県前橋市総社町総社2121番地
日新電機株式会社高電圧大電力試験所
前橋高電圧試験室
TEL:027(251)1200

Q&A

直流の試験は可能ですか?
弊社設備は商用周波数の電力系統に関わる遮断器などの試験を目的に構成しており、残念ながら直流機器の試験には対応していません。
早朝・夜間の試験は可能ですか?
試験所の周囲は工場地域ではありますが、北側を除き住宅・マンションも立ち並んでいます。試験時には試験装置から大きな音が発生するため、原則午前9時から午後5時までの試験をお願いしています。
試験について機能面以外の制約はありますか?
試験所の周囲は住宅・マンションが立ち並んでいます(工場の一角には京都市消防局右京消防署梅津消防出張所もあります) ので、試験に際して爆発音,発煙,異臭の可能性がある場合は、お客様には原則試験のお断りをお願いしています。

関連ページ

製品・事業に関するお問い合わせはこちら