計画的なメンテナンスの実現をお手伝い

蓄積されたノウハウとメーカーの管理基準を基に、お客様の設備をベストな状態で稼動できるようにします。

定期点検・活線点検

初年度点検

運転開始約1年後に初期状態のデータを得る目的で行う点検です。このデータを基に中・長期的なトレンド管理を行います。

活線点検

停電で行う点検に加え、活線状態で異常音や過熱などがないか点検を行い突発的な事故のリスクを低減します。

普通点検

設備の運転を停止し、分解などをしないで、 清掃・注油などの軽微な回復処置の点検を行います。

精密点検

設備の運転を停止し、活線点検あるいは普通点検で得られた情報を加味して設備のフル機能・性能の確認と回復処置を施し、また、多岐にわたる測定・試験を総合的に行います。

臨時点検

各種点検で発見され、対策に緊急を要する場合や、あるいは不測事態の発生事に、継続使用が可能かどうか判断するため、臨時に設備の運転を停止し点検します。

各種分析(オプション)

機器内部の劣化状態を把握するために、各点検の実施に合わせ下記の分析も行います。

  • ・油中ガス組成分析
  • ・絶縁ガス分析
  • ・フルフラール分析
  • 微量PCB分析

分析表

トレンド図・ガスパターン図


サーモグラフィを使った
活線点検(過熱箇所の調査)


絶縁抵抗測定


遮断器の精密点検


変圧器の絶縁油採油


GISの絶縁ガス分析
(水分、純度測定)

設備の点検・修繕提案例

お客様のご要望、運用形態に併せ最適なメンテナンスをご提案します。

設備の点検提案(点検周期表)

設備の点検提案(点検周期表)

保護継電器の経年劣化による事故事例を基にした更新・修繕提案

保護継電器に使われている電解コンデンサの経年劣化による事故事例とお客様に納入した設備の データベースより、使われている設備に不具合を来たさないように更新・修繕の提案を行います。

保護継電器の経年劣化による事故事例を基にした更新・修繕提案

お問い合わせはこちら