印刷ページを表示

HOME > 製品・サービス > 道路向け監視制御装置 HIWAYMATEシリーズ

道路向け監視制御装置 HIWAYMATEシリーズ

製品の特長

道路向け監視制御装置 HIWAYMATEシリーズ

高速道路の監視制御システムです

  • インターチェンジやトンネル、電力供給設備などの各種施設を統合管理することで、高速道路の安全を維持します
  • トンネルの換気制御により、トンネル内の排気を最適に制御します

適用市場

高速道路・トンネル

応用分野

高速道路に分散設置されている、受配電や自家発電などの電力設備、照明、換気、非常用設備、ITV、道路情報板などの各種設備の運転データを中央の監視室に集約し、高次元での監視制御を実現します。

さらにトンネル内の換気を保つために欠かせないジェットファンや排風機の制御、事故や渋滞などの交通情報をリアルタイムにお知らせできる道路情報板など、様々な面から高速道路の安全を支えています。

主な機能

きめ細かく高度な監視制御で幹線道路の確かな安全をサポートします。

  • IP伝送に対応
    近年のIPネットワーク網の発展にいち早く対応し、新型IP子局を開発しました。
  • 様々な交通情報の集約とリアルタイム発信
    渋滞判断やトンネル火災、機器設備の故障など、道路の安全に欠かせない各種情報を一元的に集約し、迅速に各所へ通知。交通安全業務の中枢を担います。
  • 日常メンテナンス業務支援
    業務効率をアップさせる点検支援ツールをご用意。持ち運び容易なノートPCで、現場から親局へ接続すると、点検設備についてのリアルタイムな情報共有が可能になるとともに、FAXや電話で逐一やり取りする手間が削減できます。
  • リモートメンテナンス
    万一のシステム障害発生時には、遠隔から状態把握・分析が可能なシステム構成を実現。被害を最小限にとどめる迅速な復旧を支援します。

システム構成例

システム構成例

製品に関するお問い合わせ

当サイトのお問い合わせ送信フォームをご利用ください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る