次世代を担う技術系人材の育成をはじめ、地域との共存を目指して、さまざまな社会貢献活動にグループを挙げて取り組んでいます。

日新電機グループの社会貢献活動

社会貢献活動の基本方針

日新電機グループは、社会の一員として、より良い社会の実現を目指して積極的に社会貢献活動に参画していきます。

取り組みの重点分野

1)技術系人材の育成
2)京都を中心とした歴史的文化財の保護
3)地域の環境保全活動への協力

当社グループは、社会貢献活動の基本方針のもと、3つの重点分野を決めて活動しています。
2017年3月には、創立100周年を機に「(一財)日新電機グループ社会貢献基金」を設立しました。これを活用し、社会とより一体となった事業運営を目指します。

一般財団法人 日新電機グループ社会貢献基金

技術系人材の育成

国内外の学生・生徒を対象とした給付型奨学金制度

大学院生への奨学金支援

2016年度に大学院生への奨学金給付制度「日新電機グループ奨学金」を新設しました。経済的困難がある学業優秀な技術系の学生に対して奨学援助を行い、教育・学術研究の発展に寄与することを目的としています。
2016年度は第1期生8人に支給を開始し、2月には京都市内のホテルにて研究報告会・交流会を開催しました。当社からは社長を含め、役員や研究所長、奨学生の在籍大学のOBにあたる社員など25人が出席しました。奨学生が日々の研究について10分程度プレゼンテーションを行い、報告に対して当社出席者が質問や激励の言葉をかけるなどして交流を深めました。
2017年度は電気系だけでなく、広く技術系の学生を募集し、第2期生として新たに14人への支給を開始しています。


研究報告会でのプレゼンテーション

交流会での集合写真

給付型奨学金

タイ・ベトナムの学生への奨学金支援 GLOBAL

当社グループ会社のあるタイ・ベトナムの学生に対して奨学金支援を行っています。タイでは、(公財)民際センターの「ダルニー奨学金」への寄付を通じて、貧しい地域の子どもたちの中学就学を支援、ベトナムでは、ボランティア団体「ベトナムの「子どもの家」を支える会(JASS)」を通じて、フエ高等工業大学の学生を支援しています。


JASSの小山代表より奨学金を贈呈

ダルニー奨学金証書

技術系人材の裾野拡大に向けた活動

小学生理科教室の実施

当社の技術を生かし、理科好きの小学生を増やすことを目的に、2010年度から本社をはじめ、事業所やグループ会社のある地域の小学校で理科教室を開催しています。2016年度は、京都府の16校、群馬県の5校、千葉県の2校の計23校で実施しました。
理科教室は太陽光発電について学習する小学4年生を対象に、屋外でのソーラーカー乗車体験と、屋内での電気に関するクイズを交えた授業や手回し発電機を使った実習を行います。実習では、手回し発電機で電気を「作る」、作った電気を充電式電池に「貯める」、貯めた電気を小型扇風機につなげて「使う」ことを、それぞれ体験します。
参加した児童からは「理科が好きになった」「将来はソーラーカーを作りたい」「電気についてもっと知りたい」といった声が毎年多く寄せられています。
今後も子どもたちが楽しく理科を学べるよう授業内容の改善に努め、技術系人材の裾野拡大に貢献していきます。


電気を「作る」「貯める」「使う」実習

ソーラーカーの仕組みを説明

工場見学の受け入れ

京都の九条工場や前橋製作所では近隣小学校の工場見学を受け入れています。前橋製作所では超高圧試験所での人工雷を体験。巨大な設備や、雷の音の大きさに驚いていました。


超高圧試験所の見学

職業体験の受け入れ

当社および日本アイ・ティ・エフ(株)では中学生や高校生の職業体験を受け入れています。
装置、機器の設計・検査や一部組み立て現場の体験を通して、「職業」と「会社で働くことに対する心構え」を体験しました。


工場での実習

インターンシップの受け入れ

当社および日本アイ・ティ・エフ(株)では大学・高専のインターンシップを受け入れています。
当社の仕事や製品に対して興味を持ってもらう機会を提供しています。


本社での1dayインターンシップ

女子高生のためのフューチャーフォーラムへの協力

京都府と京都経営者協会が主催する「女子高生のためのフューチャーフォーラム」に2014年度より協力しています。2016年度は女性社員2人が講師として参加し、仕事の内容や1日のスケジュールなどを紹介したほか、グループディスカッションを通じて、進路や職業選択についてアドバイスを行いました。
当社のような電気関係の職種について情報を提供する機会を増やし、理系職種に選択肢を広げる女性の増加につながればと考えています。


グループディスカッション

仕事内容のプレゼンテーション

同志社大学との技術懇談会

当社では同志社大学理工学部電気工学科の複数の研究室と連携し、定期的に「合同技術懇談会」を実施しています。同懇談会では技術交流を目的に大学と企業がそれぞれの持ち味を生かしたテーマを取り上げ、参加者の知的好奇心を刺激するものと自負しています。


技術懇談会

大学への講義協力

大阪大学基礎工学部、岡山大学大学院自然科学研究科
徳島大学工学部にて講義協力を行っています。

-u
大阪大学での講義

京都を中心とした歴史的文化財の保護

文化財保護団体・事業への支援

京都に根差した企業として、文化財保護を行う団体や事業へ継続的な支援を行っています。2016年度には、「文化財を守り伝える京都府基金」をはじめ、京都の歴史的文化財や町並みを未来に継承することを目的とした基金や事業、合わせて5件に寄付をしました。

2016年度 文化財保護 寄付先
京都府「文化財を守り伝える京都府基金」
京都市「未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理事業」
(公財)京都市景観・まちづくりセンター「京町家まちづくりファンド」
(公財)世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会
(特非)明日の京都文化遺産プラットフォーム「平安京羅城門模型移設プロジェクト」

京都府での贈呈式

京都市での受納式

下鴨神社での受納式

石村亭の維持保存・活用

文豪・谷崎潤一郎より譲り受けた邸宅「石村亭」の維持保全活動に努めています。
2016年度は庭の修復および書斎の再現を行いました。

 詳細はこちらをご覧ください

地域の環境保全活動への協力

ごみ削減活動・清掃活動への協力

地域の清掃活動

自然環境の保全を人類社会の最大の課題と捉え、清掃活動などの身近なところから、積極的に社員が参加して取り組んでいます。2016年度も「桂川(京都府)クリーン大作戦」のほか、名古屋市、高松市、福岡市、鳥栖市などで地域の清掃活動に協力しました。


桂川クリーン大作戦
(京都府)

全市一斉クリーンキャンペーン・
なごや(名古屋市)

屋島クリーン大作戦
(高松市)

ラブアース・クリーンアップ
(福岡市)

早朝クリーン作戦
(鳥栖市)

このほか九条工場では、毎日各職場の輪番制で工場外周を掃除し、地域とのコミュニケーションを図っています。


九条工場の清掃
(京都市)

祇園祭ごみゼロ大作戦

2017年7月には、(一社)祇園祭ごみゼロ大作戦が主催する、祇園祭期間中の屋台での使い捨て食器をリユース食器に切り替えることでごみを減らす取り組みに協賛しました。当社グループから総勢25人のボランティアが参加しました。リユース食器の回収やゴミの分別作業を行うなど、運営側として参加することで、環境美化への意識がより高まる機会となりました。


来場者にごみの分別回収への協力を呼びかけ

森林保護活動への協力

(公社)京都モデルフォルスト協会の取り組みに賛同し、社員にその取り組みを紹介し、積極的に参加することを呼びかけています。

地域活動への協力・コミュニケーション

災害復興支援

寄付や教育を通じて被災地の復興支援を行っています。

熊本地震 復興支援

2016年4月に発生した熊本地方における大規模地震被害への支援のため日本赤十字社を通じて寄付を行いました。
また、労働組合連合会の呼びかけにより集まったカンパ金を熊本県益城町へ贈呈しました。


益城町へカンパ金贈呈

南相馬での教育支援

(一社)あすびと福島が運営する「南相馬ソーラー・アグリパーク」にて、再生可能エネルギーの体験イベントに2015年度より協力しています。
ソーラーカーの乗車体験のほか、手回し発電機を使った実習を通じて、再生可能エネルギーの普及啓発活動を支援しています。


ソーラーカーの乗車体験

手回し発電機の実習

タイ洪水 食料支援 GLOBAL

日新電機タイ(株)では、タイ南部大洪水の被災者に向けて食糧品を寄付する活動に参加しています。

地域とのコミュニケーション

さまざまなイベントに参加・協力しています。

ちびっこ剣道教室

本社の体育館を利用し、当社剣道部員の指導による「ちびっこ剣道教室」を行っています。審判規則の勉強を通じて剣道の知識を深めるとともに、試合を通じて地域の子どもたちが交流を深める機会を提供しています。


ちびっこ剣道教室

ソーラーカー乗車体験

京都や前橋の地域のイベントに協力し、子どもたちを対象にソーラーカー乗車体験を行っています。


右京ブロック児童館まつり
(京都市)

前橋ふれあいフェスティバル
(前橋市)

京都環境フェスティバル
(京都市)

前橋製作所グラウンドの貸し出し

前橋製作所の19万㎡の敷地には当社野球部のグラウンドがあり、近隣の野球やサッカーチームの練習に貸し出しています。また春には敷地内にある約50本の桜並木に提灯を飾り、地域の人々にお花見の場を提供しています。


少年サッカーの練習

提灯を飾った桜並木

寄付活動

ベルマークや使用済み切手、エコキャップを収集し、寄付する活動に取り組んでいます。

ベルマークの寄付

ベルマークやベルマークへの交換が可能な使用済みインクカートリッジを回収しています。近隣の小学校に寄付し、学校の備品購入に役立てられています。

  • 日新電機(株)本社(京都市)、関西支社(大阪市)、中部支社(名古屋市)
  • 日新パルス電子(株)(野田市)

本社で収集したベルマークや
使用済みインクカートリッジ

使用済み切手の寄付

使用済み切手の回収を通じて、東京支社では新聞社シティリビングの「シティ OL-AID」活動に参加しており、集めた切手は国内外の収集業者に買い取られ、その利益が途上国などで役立てられます。また九州支店では、福岡キワニスクラブの活動に参加しています。

  • 日新電機(株)東京支社(千代田区)、九州支店(福岡市)

東京支社で収集した使用済み切手

エコキャップの寄付

本社で回収したエコキャップは特別養護老人ホーム西七条に寄贈し、「スマイルキャップアクト!」という取り組みを通じて、世界中の子供たちにワクチンを届けるのに役立てられています。東京支社や中部支社、日新パルス電子(株)では近隣小学校に寄贈しています。

  • 日新電機(株)本社、東京支社、中部支社
  • 日新パルス電子(株)

本社で収集したエコキャップを
特別養護老人ホーム西七条へ寄贈

台湾で慈善団体に協力 GLOBAL

台湾の買い物レシートには一連の番号が印字され、抽選で大金が当たります。日亜電機股分有限公司は、当選金を貧困や病気に苦しむ人の支援にあてる慈善団体「創世基金会」に協力すべく、2006年から社員食堂に収集箱を設置し、集めたレシートを送っています。


レシートの収集箱

スポーツ振興支援

京都サンガF.C.

Jリーグ「京都サンガF.C.」にオフィシャルスタジアムスポンサーとして協賛しており、イベントにも協力しています。


ホームスタジアムのある西京極運動公園
(京都市)でのソーラーカーイベント

京都フローラ

(株)日新ビジネスプロモートは女子プロ野球チーム「京都フローラ」応援店舗としてチケットの委託販売を行っています。2016年度にはチケット販売への協力により感謝状をいただきました。


いただいた感謝状

京都マラソン

市民マラソン大会「京都マラソン」に協賛しています。


本社前を走るランナー