印刷ページを表示

HOME > CSRについて > 5つの信頼のために > 社会からの信頼のために

社会からの信頼のために

  • 次世代育成支援
  • 文化財保護活動支援
  • 地域の環境保全活動への協力
  • 地域とのコミュニケーション

当社グループは「電気」を扱う企業としての専門性を生かし、次世代の育成をはじめ、地域との共存を目指してさまざまな社会貢献活動に国内外で取り組んでいます。

社会貢献活動の基本方針

社会貢献活動の基本方針

企業理念に定めたミッション「人と技術の未来をひらく」を実現するため、本業を通じた社会への貢献は当然のこととして、社会の一員として、より良い社会の実現を目指して積極的に社会貢献活動に参画していきます。

取り組みの重点分野
  • 1)電気系エンジニアなどの人材育成
  • 2)京都を中心とした歴史的文化財の保護
  • 3)地域の環境保全活動への協力

次世代への理科教育支援

前橋地区でのソーラーカー乗車体験
前橋地区でのソーラーカー乗車体験

屋内で授業
屋内での授業

小学生理科教室を3拠点に拡大

当社の技術を生かし、理科好きの小学生を増やすことを目的に、2010年度から「理科教室」を開催しています。2015年度は、本社のある京都府の14校、前橋製作所のある群馬県前橋市の5校、さらに日新パルス電子 (株)のある千葉県野田市で初となる1校の計20校で開催しました。
「理科教室」では、小学4年生を対象に、野外でのソーラーカー乗車体験と屋内での手回し発電装置を使った実験や電気に関するクイズを交えた授業を行います。参加児童からは「理科が好きになった」「電気に興味が持てた」といった声が毎年多く寄せられています。

ソーラーカーを使った小学生理科教室(4年生対象)

2015年度実績(地区別実施日順)
京都(14校) 群馬(5校) 千葉(1校)
京都市立洛中小学校 前橋市立総社小学校 野田市立山崎小学校
京都市立川岡東小学校 前橋市立清里小学校  
洛南高等学校付属小学校 前橋市立勝山小学校  
京都市立常磐野小学校 前橋市立元総社北小学校  
京都市立向島南小学校 前橋市立元総社小学校  
京都市立梅津小学校    
京都市立太秦小学校    
京都市立桂東小学校    
京都市立嵯峨野小学校    
京都市立広沢小学校    
京都市立西院小学校    
京都市立御所南小学校    
亀岡市立川東小学校    
向日市立第2向陽小学校    

被災地での教育支援

ソーラーカーの構造を説明
ソーラーカーの構造を説明
ミニソーラーカーの組み立て実習
ミニソーラーカーの組み立て実習

2015年度には福島県の南相馬市役所と南相馬ソーラー・アグリパークが共催する「再生可能エネルギーウィンタースクール」に協力し、再生可能エネルギー体験学習の一環として小中学生を対象にしたソーラーカーを使った理科教室を開催しました。

電気系大学院生への奨学金支援

2016年度に大学院生への奨学金給付制度「日新電機グループ奨学金」を新設しました。経済的困難がある学業優秀な学生に対して奨学援助を行い、電力エネルギーおよび高電圧技術分野の教育・学術研究の発展に寄与することを目的としています。

工場見学の受け入れ

前橋製作所の見学
前橋製作所の見学

地域住民や子どもたちに工場を知っていただくとともに、小学校教育の一端を担うことで地域社会に貢献したいと考え、近隣の小学校の工場見学を受け入れています。2015年度は、九条工場(京都市南区)に京都市立祥豊小学校の児童が、前橋製作所には前橋市立勝山小学校の児童が訪れました。前橋製作所では超高圧試験所での人工雷を体験。巨大な設備や、雷の音の大きさに驚いていました。

工場での実習
工場での実習

インターンシップの受け入れ

当社および日本アイ・ティ・エフ(株)では、大学や高専、工業高校からのインターンシップを受け入れています。2015年度は13校から14人が参加し、装置、機器の設計・検査や一部組み立て現場の体験を通して、「職業」と「会社で働くことに対する心構え」を体験しました。

技術懇談会
技術懇談会

同志社大学との技術懇談会

当社では同志社大学理工学部電気工学科の研究室・研究センターと連携し、定期的に「合同技術懇談会」を実施しています。同懇談会では技術交流を目的に大学と企業がそれぞれの持ち味を生かしたテーマを取り上げ、参加者の知的好奇心を刺激するものと自負しています。

女子高生のフューチャーフォーラム
女子高生のフューチャーフォーラム

理系人材の裾野拡大を目指して

京都市が主催する「女子高生のフューチャーフォーラム」に協力しています。2015年度は女性社員2人が企業講師として参加しました。当社のような電気関係の職種について情報を提供する機会を増やし、理系職種に選択肢を広げる女性の増加につながればと考えています。

ベトナムでの奨学金贈呈式
ベトナムでの奨学金贈呈式

海外の学生への奨学金支援

ボランティア団体「ベトナムの「子どもの家」を支える会(JASS)」を通じて、当社グループ会社のあるベトナムのフエ高等工業大学の学生へ奨学金支援を行っています。また、(公財)民際センターの「ダルニー奨学金」への寄付を通じて、当社グループ会社のあるタイの貧しい地域の子どもたちの中学就学を支援しています。

このページのトップへ戻る

文化財保護活動

京都府への寄付
京都府への寄付
京都市への寄付
京都市への寄付

京都を中心とした歴史的文化財保護に協力

京都府の「文化財を守り伝える京都府基金」および京都市の「未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理事業」に寄付し、奈良県にある薬師寺の東塔保全修理事業にも寄付を行いました。
地域に根差した企業として、また谷崎潤一郎の旧邸「石村亭」を守り続けてきた企業として今後もこのような取り組みを続けていきます。

石村亭の庭園
石村亭の庭園

文豪ゆかりの邸宅「石村亭」を修繕

当社は下鴨神社の近くにある文豪・谷崎潤一郎の旧邸「石村亭」(京都市左京区)を保有しており、譲渡時の約束を守り維持保存に努めています。2014年度に築100年の母屋を修理したのに続き、2015年度は庭の修復を行いました。

このページのトップへ戻る

地域の環境保全活動への協力

桂川クリーン大作戦
桂川クリーン大作戦

近隣地域の清掃活動に参加

京都本社では、毎年2月に地域の行政・企業・学校や各種団体とともに「桂川クリーン大作戦」に参加しています。四国支店のある高松市では、屋島・長崎の鼻付近を清掃する「屋島クリーン大作戦」に、中部支社のある名古屋市では「クリーンキャンペーン・なごや」に、九州支店のある福岡市では「ラブアース・クリーンアップ」に参加し、地域の環境保全に協力しています。

第2回祇園祭ごみゼロ大作戦
第2回祇園祭ごみゼロ大作戦

祇園祭ごみゼロ大作戦に参加

2015年7月には、祇園祭期間中の屋台での使い捨て食器をリユース食器に切り替えることでごみを減らす取り組み「第2回祇園祭ごみゼロ大作戦」に協賛し、当社から総勢25人のボランティアが参加しました。リユース食器の回収やゴミの分別作業を行うなど、運営側として参加することで、環境美化への意識がより高まる機会となりました。

工場外周の清掃活動
工場外周の清掃活動

九条工場で外周の清掃活動

九条工場では、毎日、各職場の輪番制で、工場外周を掃除しています。清掃も大切な地域とのコミュニケーションと位置づけ、今後も継続していきます。

地域とのコミュニケーション

ちびっこ剣道教室
ちびっこ剣道教室

ちびっこ剣道教室

本社の体育館を利用し、当社剣道部員の指導による「ちびっこ剣道教室」を行っています。審判規則の勉強を通じて剣道の知識を深めるとともに、試合を通じて地域の子どもたちが交流を深める機会を提供しています。

前橋製作所のグランドで地域の子どもたちがサッカーの練習
前橋製作所のグラウンドで
地域の子どもたちがサッカーの練習

前橋製作所のグラウンドを地域に貸し出し

前橋製作所の敷地19万m2には当社野球部のメイングラウンドがあり、地域の皆様に貸し出しています。近隣の野球チームが頻繁に利用するほか、外野域ではサッカーコートとしても使用しています。

前橋桜祭り
前橋桜祭り

地域とのコミュニケーション

前橋製作所では、毎年桜の季節に敷地内にある約50本の桜並木に提灯を飾り、地域の人々にお花見の場を提供しています。

総社市民サービスセンターでの展示総社市民サービスセンターでの展示

前橋写真パネル展

当社の提供した写真を基にした写真パネル展「写真で振り返る昭和30年代の前橋市」が、市役所やJR群馬総社駅、前橋市内各地の市民サービスセンターで開催されました。

備蓄品を寄贈
備蓄品を寄贈

フードバンクに備蓄品寄贈

2016年1月、東京支社近くの日本初のフードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」に、備蓄品を寄贈しました。フードバンクでは食品関連企業から個人まで、安全に消費できるにもかかわらず廃棄せざるを得なくなった食品を無償で引き取り、各福祉施設・団体や生活困窮者の方々に届けています。支社・支店で備蓄している備蓄品の入れ替え作業を行い、その中で賞味期限までまだ期間があるものを寄贈しました。

本社にてベルマークを寄贈
本社にてベルマークを寄贈

ベルマークやエコキャップを地域に寄贈

ベルマークや使用済みインクカートリッジ、エコキャップの収集に取り組んでいます。ベルマークは学校の備品購入に役立てられ、エコキャップはスマイルキャップアクト!という取り組みを通じて、世界中の子供たちにワクチンを届けるのに役立てられます。本社では京都市立梅津小学校および特別養護老人ホーム西七条に、中部支社では名古屋市黄金中学校にそれぞれ寄贈しています。

スポーツ振興(サンガFC・京都マラソンへの協力)
京都サンガF.C.エンブレム

地域スポーツ振興支援

地元サッカーチームであるJリーグ「京都サンガF.C.」にオフィシャルスタジアムスポンサーとして協賛しています。また市民マラソン大会「京都マラソン」にも協賛しています。

このページのトップへ戻る