主な保存活動

1956年 12月 谷崎潤一郎から「石村亭」を譲り受ける
2002年 12月 石村亭ゆかりの谷崎作品、写真などを書斎に展示
(継続して、追加・充実)
2006年 6月 庭の植栽を50年前に復元
7月 谷崎が作らせた「夢の浮橋」の挿絵(田村孝之介)の屏風を購入して、書斎に展示
2008年 3月 石村亭の今後10年間の改修計画立案
2009年 4月 書斎・茶室の改修実施
2011年 5月 石村亭の完成が明治44年(1911年)と判明
明治44年7月の「東林庵(現石村亭)お披露目の会」の案内状による
9月 京都市文化局による、庭園調査が実施される
2015年 3月 築100年になる母屋の半年間に及ぶ大規模修理が完了
2017年 3月 庭の修復が一旦完了
4月 書斎に谷崎の机と椅子を再現

主なイベント

  • 譲渡から50周年を記念して「石村亭カレンダー2006」を発行(2005年12月)
  • 一般の方を対象にした50周年特別公開を実施 (2006年11月)
  • 葵祭の献茶祭の副席として、石村亭を提供 (2007年5月)
  • 中央公論新社「夢の浮橋」文庫本の出版に協力(2007年9月)
  • 芦屋市「谷崎潤一郎記念館」の見学会を受け入れ(継続実施)
  • 嵯峨芸術大学「生涯講座」の現地講座に石村亭の場を提供(継続実施)

主なマスメディアなどでの紹介

2003年 12月 淡交社「作家が歩いた京の道」
2005年 9月 日本テレビ「都のかほり」
10月 淡交社「谷崎潤一郎の京都を歩く」
11月 角川書店 関西大人のウォーカー
「誌面散策特別公開企画 非公開施設紹介」
2006年 9月~11月 50周年特別公開に関して記事多数
2007年 10月 きょうとシティグラフ「文学にまつわる京都をたずねて」
2008年 10月 日刊工業新聞第2部の1面「守り続ける信頼の象徴」と題した
位煢長(当時)のインタビュー記事が掲載
2009年 5月 読売新聞朝刊1面「谷崎愛した石村亭 化粧直し」という見出しで
5月 日本テレビ「心に刻む風景」
6月 毎日放送テレビ「美の京都遺産」
9月 KBS京都テレビ「きらめきStory」
9月 読売新聞夕刊連載「食いしん坊 谷崎」に
「平安の雅 理想の邸」という見出しで
2010年 3月 産経新聞夕刊連載「舞台はここに」に
「女性の思い 森に抱かれて」という見出しで
6月 KBS京都テレビ「京都専科」
~水流るる糺の森 谷崎潤一郎が愛した世界~と題して
2011年 5月 中日新聞夕刊に「京都・石村亭 名作執筆の旧宅 保存」
「谷崎の好み そのまま」という見出しで
2012年 12月 MBSラジオ「京都いちばん」
2013年 7月 小学館 和楽「私たちが残したい日本の美」
10月 きょうとシティグラフ「京の意匠」
2015年 7月 日本経済新聞夕刊『関西View』
連載「軌跡 谷崎旧居 創作への扉」の中で紹介
10月 NHKスペシャル
『私が愛する日本人へ ドナルド・キーン 文豪との70年』
キーン先生と谷崎の出会いの場として登場
12月 新潮社 芸術新潮『谷崎潤一郎の女・食・住』
「王朝へ架けた夢の浮橋」「谷崎潤一郎の引っ越し」の中で紹介
2016年 1月 Forbes Japan「企業の迎賓館を探訪する01 日新電機 石村亭」
1月 平凡社 別冊太陽『谷崎潤一郎』特集号
「夢の浮橋」「後の潺湲亭のこと」の中で紹介
9月 小学館 和楽「鬼怒鳴門亭日乗スペシャル」
「ドナルド・キーン先生、文豪・谷崎潤一郎への想いを馳せる」
という見出しで
2017年 7月 BS朝日「百年名家」
谷崎潤一郎の愛した京都の家~粋と雅の共存する「石村亭」~