お客様からの信頼のために

S社会

お客様のお役に立ち、信頼される会社であり続けられるよう、お客様の視点に立った活動を実施しています。

品質向上活動

品質方針

法令・規制要求事項および顧客要求事項を満たすことの重要性を理解し、顧客およびそれ以外の密接に関連する利害関係者に信頼される製品・施工・付帯サービスを技術と誠実な対応で提供するとともに、品質マネジメントシステムの継続的改善に努め、効果的に機能させることにより、顧客満足の向上を目指します。

品質保証体制

当社グループでは、「全社横断的な品質管理」「品質向上活動の企画、推進、啓発」「お客様からのお問い合わせや不具合連絡への対応」の3つの機能を持った品質保証統括部が、全社横断的な役割を担って品質マネジメントシステムの継続的改善に努め、当社グループに関係するすべての人が、品質向上を目指す姿となるよう取り組んでいます。

品質管理

日新電機グループ各社のISO9001認証取得状況

地域 会社名 初回登録年月 現行版 現行版の取得年月
日本 日新電機株式会社 本社 1996.6 2015年版 2018.3
前橋 1994.1 2015年版 2018.3
株式会社NHVコーポレーション 1995.4 2015年版 2017.8
株式会社日新システムズ 2021.6 2015年版 2021.6
日新イオン機器株式会社 1996.11 2015年版 2018.1
日本アイ・ティ・エフ株式会社 2004.1 2015年版 2017.8
日新パルス電子株式会社 2001.12 2015年版 2017.10
中国 北京宏達日新電機有限公司 2009.9 2015年版 2017.10
日新電機(無錫)有限公司 2005.4 2015年版 2016.9
日新(無錫)機電有限公司 2005.7 2015年版 2017.6
日新馳威輻照技術(上海)有限公司 2013.2 2015年版 2018.9
日新意旺高科技(揚州)有限公司 2013.10 2015年版 2017.10
日新高性能塗層(瀋陽)有限公司 2016.3 2015年版 2018.1
台湾 日亜電機股份有限公司 1996.2 2015年版 2017.6
タイ 日新電機タイ株式会社 1998.12 2015年版 2018.9
ベトナム 日新電機ベトナム有限会社 2007.12 2015年版 2017.2

本社工場と前橋製作所における品質マニュアルの統合

当社グループでは、ISO9001の認証取得時期と拠点の違いから、これまで本社工場と前橋製作所において個別に存在していた品質マニュアルを統合し、双方の良い取り組みを生かしてマネジメントレビューおよびトップマネジメントの指示を強化することで、品質保証と顧客満足向上の取り組みにおける相乗効果を図っています。

マネジメントレビュー:企業がマネジメント体制を振り返り、成果や問題点を考察する経営管理活動のこと。ISOなどの規格を使用し実施する。

取引先様とともに行う品質管理

取引先様はパートナーであり、取引先様の品質管理は自社の品質管理の一部と考え、サプライチェーン・マネジメントを適切に行うことで、外注品・購入品のさらなる品質向上を目指しています。
取引先様との技術交流でコミュニケーションを深め、その中でいただいたフィードバックをものづくりに反映することで取引関係を一歩超えた信頼関係を築き、共通の問題を解決しながらともに品質を向上させ、お客様満足度を高めています。

品質管理教育の実施

新入社員および海外グループ会社向けの「品質の重要性」を学ぶ研修をはじめ、ISO9001に関して品質マネジメントシステムの基本的な考え方・重要事項を学ぶ「入門編」「規格の理解編」の研修や「内部監査員補養成研修」を実施し、品質改善活動に必要な知識の補強と、日常業務のPDCAを効率的に回すために必要な「国際的なものさし」の習得を目指しています。
また、「失敗学」研修を講師を招いて実施しており、自部門の失敗事例を論理的に思考することで、安全・品質意識の維持向上と不具合の再発防止を図っています。

品質向上の取り組み

設計品質実査の実施

製品品質を確保するためには、基本的な基準や手順においてどのような状況下でも「決める・守る・チェックする」が徹底されていることが重要です。
当社グループでは、実態調査のため、各部門の設計部署に対する品質実査を行っています。2020年度は、新型コロナウイルス感染防止対策を講じながらの実施となりました。品質基準の遵守状況確認や改善点の指摘・提案を行い、品質改善にともに取り組んでいます。

安全・品質大会をグループ・グローバルで開催 GLOBAL

安全と品質について、社員一人ひとりがその重要性を十分に理解し、「安全・品質を第一に考える文化と風土の定着と浸透」に取り組むために、当社グループでは「安全・品質大会」を開催しています。
2019年度からは、本社・前橋製作所での開催に加えて、中国語圏・ASEAN地域でもそれぞれ大会を開催しており、2020年度には、海外グループ会社を含めた、グループ全体として初めての安全・品質大会をオンライン配信で開催しました。
当社グループは、この大会を通して各部門の改善活動事例を共有し意見交換を行うことで、グループ・グローバルでの安全・品質の意識向上と改善に取り組んでいます。

品質意識の統一を図る
安全・品質大会でのQCコール
日新電機ベトナム(有)から報告された
品質向上活動の改善事例

ASEAN品質委員会の立ち上げと品質管理の推進 GLOBAL

当社グループでは、2020年度より、ASEAN地域の海外グループ会社における品質管理推進のため、「ASEAN品質委員会」を立ち上げました。
日新電機タイ(株)や日新電機ベトナム(有)などに向けて、オンラインによる委員会の定期開催や品質管理に関する研修を実施し、現地における品質改善活動と各部署のマネージャー・リーダーの育成を支援しています。
また、各部署で発生した不良の現状把握から、原因究明および再発防止対策の策定に至るまで、各マネージャー・リーダーを指導しながらともに取り組むことで、品質マネジメントシステムの改善に努めています。
今後は、中国語圏の海外グループ会社についても品質委員会を立ち上げ、日本・ASEAN・中国語圏とグループ・グローバルで品質向上に取り組んでいきます。

ASEAN 品質委員会のオンライン開催

お客様の声を改善へつなげる

お客様の声を集約・分析し迅速対応するCSセンター

お客様からのさらなる信頼を得るために、当社グループではCSセンターを設置し、お客様の声を一元的に集約・分析して各部門へフィードバックすることで、製品・サービスの改善と、さらなるお客様満足度の向上に取り組んでいます。
365日24時間の緊急連絡体制を構築し、設備トラブルなどのお客様のお困りごとに迅速に対応しており、専門部署と連携し、現場での調査・復旧に新型コロナウイルス感染防止対策を講じながら取り組んでいます。

CSセンター:お客様からの不具合連絡やお問い合わせを受け付けるなどの初期対応を担う部署。

お客様アンケートのご質問・ご依頼への迅速対応

製品出荷前の立ち会い検査は、お客様の声を直接伺うことができる貴重な機会であると捉え、お客様アンケートを実施しています。2020年度より、お客様の負担にならないよう短時間で記入できる様式に見直し、いただいたご質問やご依頼などには、専用用紙に内容と回答期限を記入して各部門へフィードバックすることで、迅速に対応する体制を構築しています。

お客様への電子メールによる技術サポート

当社製品について、電子メールによる技術サポートをご希望のお客様に「テクノレター」を定期配信しています。電気設備のトラブル未然防止方法や、お客様からの質問をもとにしたQ&A、当社の技術情報の紹介のほか、連休中の緊急連絡体制についての情報などを提供しており、お客様からは技術上のご質問やご要望などを返信していただく、コミュニケーションツールとして活用しています。

ライフサイクルエンジニアリングの推進

ICTを活用したライフサイクル全体のお客様サポート

当社グループでは、現地工事から現地調整、点検・修繕、設備診断、更新を通してお客様に納入する製品のライフサイクル全体を、ライフサイクルエンジニアリングとしてサポートしています。
「安全・品質最優先」「お客様からの信頼と安心」「お客様の良き相談相手(ライフサイクルコンサルタント)」「お客様とともに成長と発展」の基本方針のもと、ICTの活用によって現場技術者と社内技術者、そして現場同士の連携体制を強化し、保護継電器の自動試験装置導入による点検作業の自動化や、当社オリジナルの診断装置とIoT・クラウド・AI技術を活用した設備診断システムによる保守点検・劣化診断の実施など、新型コロナウイルス感染防止対策を日々徹底しながら作業効率化とサービス品質の向上に取り組んでいます。
また、幅広い知識と技能、顧客対応力や問題解決力などの総合的な力を有する現場技術者と管理責任者の早期育成を目的に、当社グループの教育・研修体系である「日新アカデミー」で、「CSカレッジ」として技術スキル別・階層別に計画的で体系的な教育と育成を実施しています。
今後も、さらなるお客様ニーズに応えるため、ニューノーマル(新常態)に向けた体制準備を課題ととらえて、ライフサイクルエンジニアリングを推進していきます。

お客様の生産・研究を支える電子線照射装置の点検

(株)NHVコーポレーションが製造する電子線照射装置は、世界31カ国に400台以上が納入され、お客様の生産や研究に使用されています。その多くは一年中稼働しており、安定した性能を発揮するために定期的な点検が重要です。
(株)NHVコーポレーションでは、お客様の生産や研究活動に合わせて、米国拠点・中国拠点と協力し合い、世界31カ国に出向して点検を行うとともに、装置の重要部品の老朽化や万一の際の早期復旧のために、必要な予備品の情報提供や提案を行っています。また、コロナ禍における対応として、通信手段を活用したリモートメンテナンスや装置トラブル対応など、お客様のご協力をいただきながら進めています。
これからも定期的な点検により、お客様の生産や研究活動の安定的な継続を支えていきます。

お客様の課題を解決する製品・サービスの提供

省エネと電力の安定供給を実現するソリューション

当社は、電⼒の安定供給、省エネ、CO2排出量削減を実現するソリューションを「SPSS(Smart Power Supply Systems:スマート電⼒供給システム)」として推進しています。

受変電設備保守のお客様向け研修

当社では、お客様を対象に、受変電設備の保守に携わる電気技術者の育成を支援する研修を実施しています。
2019年度からは、日新アカデミー研修センターの実習棟にて、各種製品実機設備に触れて実際に体感していただける実践的で充実した研修となり、お客様における運用への貢献度がさらに高まりました。実務経験豊富な当社技術者が講師を務め、日常業務では経験できない事象をベースとした実習中心の研修を受講していただけます。
2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お客様の安全を最優先に考えて、すべての研修を中止しました。今後は、3密回避をはじめとする感染対策を徹底し、安全に受講いただける環境を整えて、お客様向け研修を実施していきます。

お客様向け研修の内容(例)

「受変電設備保守」コース(所要日数:2.5日)
1日目 受変電設備の基礎理論(机上研修)
2日目

主要機器の構造と取り扱い(実習)

安全作業を学ぶ(机上研修・実習)

停電、復電操作の基本操作と注意点について、実機を使い、キュービクル式受電設備に6,600Vを課電した状態で行う実習。

電気設備の事故事例と適切な保全業務(机上研修・実習)

絶縁劣化の兆候のある電力機器を教材にした、劣化診断装置での調査や配線端子の締付不良による過熱異常体験、サーモラベルの変色体験などの実習。

3日目

製品製造過程見学

電気設備の保守点検の要点(実習)

保護継電器の特性試験および遮断器の点検の実習。

電気設備の事故例とトラブル調査方法の解説(机上研修・実習)

人工的に高圧地絡事故を発生させたうえでの、継電器の動作、不要動作の体験や、制御電源の地絡点調査方法の実習。

技術交流会