パートナーからの信頼のために

S社会

ビジネスパートナーとの誠実かつ公正な関係を心がけています。ともに成長することで、顧客価値の提供と競争力の向上に努めています。

CSR調達の推進

CSR調達ガイドラインの制定と周知活動

当社グループは、社会的責任を自覚し事業活動を通じてより良い社会、環境づくりに貢献したいと考えています。そのためには、私共に製品・サービスを直接または間接的に提供いただく取引先様にも、ともに社会的責任に資する活動に取り組んでいただくことが必要です。
当社では2013年に「日新電機グループCSR調達ガイドライン」を制定し、取引先様に積極的な推進と周知をお願いしています。
また、皆様の取引先様にも取り組みを推進くださるようお願いしています。

グリーン調達の取り組み

当社グループでは、環境保全に有効な新技術・製品の開発および省エネルギー、省資源・リサイクルなどの活動専門委員会を組織して環境問題に取り組むなど、企業活動のあらゆる面で環境の保全と調和に配慮して行動しています。
このような観点から、調達活動においても環境への負荷の少ない物品およびサービスを優先調達するとともに、有害化学物質の不使用や削減を目指した「グリーン調達」の推進に取り組むべく、「グリーン調達ガイドライン」を制定しており、このガイドラインに基づいて、取引先様とともにグリーン調達を推進しています。

CSR調達アンケートの実施

取引先様の調達活動におけるCSRへの取り組みに関して、浸透状況をモニタリングするため、当社では、国内調達額90%の取引先様を対象に、CSR調達アンケートを実施しています。2018年度の本社地区での実施に続き、2020年度には、前橋地区で2回目のアンケートを実施しました。今後は、グループ会社の取引先様にもアンケート調査の範囲を広げるべく準備を進めています。
グループを挙げて、取引先様にCSR調達へのより一層の取り組みをお願いし、本調査を活用することでより強固な信頼関係を構築していきます。

サプライチェーン全体におけるパートナーシップ

「パートナーシップ構築宣言」の公表

当社は、サプライチェーンの取引先の皆様や価値創造を図る事業者の皆様との連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築するため、「パートナーシップ構築宣言」を公表しています。

パートナーシップ構築宣言:経団連会長、日商会頭、連合会長および関係大臣をメンバーとする「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」において、創造された仕組み。

パートナーシップ構築宣言(82KB)

パートナーシップ構築宣言
ロゴマーク

取引先様とのパートナーシップ

取引先懇談会の開催

取引先様とのWIN-WINの関係をさらに強化していくため、取引先懇談会を開催しています。懇談会では、当社の経営・操業状況やCSR調達ガイドラインについての説明や、当社に貢献いただいた取引先様の表彰を行っています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し、取引先様からの出席者数を限定するなど、規模を縮小して開催しました。
今後もニューノーマル(新常態)の中で工夫しながら取引先様とのパートナーシップを構築していきます。

本社での取引先懇談会

スマート活動推進協議会の活動

当社と主要取引先様は、少子高齢化による人材不足や働き方改革関連法への対応などの、経営課題に一体となって取り組み、ともに課題解決していくために、今まで以上にコミュニケーションを深めて緊密に連携していくことが重要と考え、2019年1月に「スマート活動推進協議会」を発足しました。
2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、会議の開催は2回にとどまりましたが、当社事業部門からの操業状況の説明に加え、当社が取引先様に交付している図面の改善および働き方改革関連法への対応などについて、活発な議論を交わしました。
今後も、企業の垣根を越えた交流を通じて、ともに事業環境の変化に対応していくため、当社は、本協議会を引き続き開催していきます。

協議会での意見交換

取引先様におけるIT設備導入への支援

当社では、サプライチェーン・マネジメントのための施策として、2016年度から、情報セキュリティに関する相談を受け付ける専用ヘルプデスクを当社情報システム部に開設するなど、情報セキュリティが担保される環境を、取引先様と一体となって整備する活動を継続しています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、取引先様への訪問など、密なコミュニケーションが取りづらくなりました。このような状況を改善するため、当社は、主要取引先様におけるタブレットなどのIT設備導入の検討に対し、情報セキュリティの面からアドバイスを行うなど、技術的な支援を実施しました。
新常態の下、当社は今後もIT設備を活用して取引先様と効率的なコミュニケーションを図っていきます。

安全輸送のためのタイアップ

本社運輸グループでは、取引先様と積極的な意見交換を行う場として6カ月に一度、定例会を開催。協調・信頼関係を構築し、共存共栄を目指しています。
定例会では梱包・運送上の事故やクレーム事例などの情報を共有し、各社で水平展開しています。また、取引先様が経験された不具合などの具体的な事例をご紹介いただき、予防のための対策を講じています。その結果、取引先様要因の不具合が減少し、その効果を実感しています。今後も継続して連携を強化していきます。

当社製品を運送する取引先様と

協同組合日新電機協力会について

「協同組合日新電機協力会」は1951年に当社と関係の深い加工業者様を中心に任意団体として設立されました。1964年に事業協同組合として認可を受け、以来、50年以上にわたり戦後の復興期から時代の要求に対応できる技術力を持った企業群として成長してきました。今後も産業インフラを支えるため、双方の信頼関係を大切に切磋琢磨していきます。

日新電機協力会オフィシャルサイトはこちら

販売店様とのパートナーシップ

営業技術セミナーの開催

ビジネスパートナーである販売店や協力企業各社の営業パーソンの皆様を対象に、当社製品・技術に関する知識や理解を深めて営業活動に役立てていただくため、営業技術セミナーを開催しています。
2020年度は、コロナ禍においてもビジネスパートナーとの貴重な接点となる本セミナーを継続的に行うために、オンラインで開催し、29社から約180人の方々に参加いただきました。
セミナーでは、重点戦略製品の説明のほか「テレワーク時代のセールス講座」と題して、アフターコロナでのお客様との新しいコミュニケーションスタイルとして注力している、インターネットを介したオンラインでの「リモート技術打ち合わせ」や「リモート立ち会い試験」ほか、新常態に合ったツールを駆使する営業活動の試みについて紹介しました。
今後の新常態においても、異なる市場・商流・人脈を有するビジネスパートナーと協力して、受注拡大を目指していきます。

セミナー運営会場では
ソーシャルディスタンスを確保