社会からの信頼のために

S社会

次世代を担う技術系人材の育成をはじめ、地域との共存を目指して、さまざまな社会貢献活動にグループを挙げて取り組んでいます。

日新電機グループの社会貢献活動

社会貢献活動の基本方針

日新電機グループは、社会の一員として、より良い社会の実現を目指して積極的に社会貢献活動に参画していきます。

取り組みの重点分野

1)技術系人材の育成
2)京都を中心とした歴史的文化財の保護
3)地域の環境保全活動への協力

(公財)日新電機グループ社会貢献基金の活動

2017年の当社創立100周年を記念し、京都で永きにわたり事業を続けてこられた恩返しを込めて、「日新電機グループ社会貢献基金」を設立しました。当社グループは同基金を通じて、社会とより一体となった事業運営を目指しています。

一般財団法人 日新電機グループ社会貢献基金

事業内容

1) 技術系人材の育成
国内外の学生・生徒を対象とした給付型奨学金制度の運用
技術系人材の裾野拡大に向けた諸活動
2) 京都を中心とした歴史的文化財の保護
3) 地域の環境保全活動への協力
4) その他 設立の主旨に沿った活動

技術系人材の育成

国内外の学生を対象とした給付型奨学金制度

技術系大学院生への奨学金給付

(公財)日新電機グループ社会貢献基金では、技術系大学院修士課程の2年間を対象とした給付型奨学金制度を実施しています。
2020年度は、電気系、プラズマ応用系、情報系、材料・機械システム系の研究を行う学生26人に給付を行いました。
また、同じ分野の研究を行う奨学生同士や社会人との交流を深め切磋琢磨する場として、「奨学生交流会」を毎年開催しており、コロナ禍にあってもこのような場を継続して提供できるよう、2020年度の交流会はオンライン開催としました。
同基金は、コロナ禍により経済的困難を抱える学生が増加しているなか、高度な技術を身に付けようと向上心に燃える優秀な学生への支援を通じて、未来の産業を支える人材の育成に貢献していきます。

給付型奨学金

オンライン開催となった2020年度奨学生交流会

タイ・ベトナムの中学生への奨学金支援GLOBAL

(公財)日新電機グループ社会貢献基金では、タイ・ベトナムの学生に対して奨学金支援を行っています。(公財)民際センターの「ダルニー奨学金」への寄付を通じて、貧しい地域の子どもたちの中学就学を支援しています。


ダルニー奨学金証書

技術系人材の裾野拡大に向けた活動

小学生理科教室の開催と環境学習・体験教室への協力

当社では、子どもたちの理科離れという課題解決に貢献するため、小学生理科教室の開催と、自治体などが実施する環境学習・体験教室への協力を行っています。
当社・(株)日新システムズ・(協組)日新電機協力会青年経営研究会が協働で開発・製作した足こぎ発電とソーラーパネル発電を体験できる「エコ発電体験システム」や、火力・水力・風力発電などを模擬したオリジナル教材で、当社グループ社員が講師となって授業を行っており、2019年度は京都府南丹市知井地区と舞鶴市でも体験教室を開催。2004年より継続してきたこの活動などが認められ、京都市が地域に根差して企業活動に取り組んでいる事業者を表彰する「京都市輝く地域企業表彰」にて、「地域企業輝き特別賞」を受賞しました。
2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大のため教室開催は見送り、文部科学省の定める感染対策マニュアルに沿った新教材の準備を進めました。
今後も楽しく学べる機会提供に、引き続き取り組んでいきます。

ソーラーパネル発電(2019年度撮影)
足こぎ発電(2019年度撮影)
舞鶴市主催の「エコ発電体験教室」に協力(左:水力発電、右:火力発電)(2019年度撮影)

プログラミング教室への協力

(公財)日新電機グループ社会貢献基金は、放課後や長期休暇中の子どもの居場所づくりのためプログラミング教室を開催している(特非)Creative Adventureに助成を行っています。2020年度の助成金は、夏休みなどに開講された教室で活用されました。

プログラミング体験教室

オンライン国際競技への協力 GLOBAL

(公財)日新電機グループ社会貢献基金は、(特非)アントレプレナーシップ開発センターがホストとして世界大会を開催している国際競技「Global Enterprise Challenge」への助成を行っています。この国際競技は、青少年のイノベーションへの興味を喚起するために高校生・高専生を対象に実施されています。参加者はチームを結成し、環境・エネルギー・産業・災害対策・教育など世界が共有する課題について、事業として継続可能な形でどのように解決するかを英語でまとめて提出し、評価・審査されます。

Global Enterprise Challenge2021
世界大会1位の日本チーム

そのほかの取り組み

ロボット工作教室への協力

京都府が主導する「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」の一環として開催されている、(特非)架け橋mirai主催のロボット工作教室「KakeRoboものづくり教室」に、日新アカデミー研修センターの一室を会場として提供しました。(公財)日新電機グループ社会貢献基金から助成も行いました。

インターンシップの受け入れ GLOBAL

当社グループでは、大学・高専のインターンシップを受け入れています。
グループワークと社員交流中心のプログラム体験を通じて、参加者の仕事や製品への興味を引き出すことができるよう、多くの部署が協力して実施しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度はオンラインで実施しました。

また、日新電機タイ(株)では、大学からの依頼に基づいてインターンシップを毎年受け入れており、社員の指導のもと、それぞれの職場・現場で、実際の製品での実習を行っています。

本社でのインターンシップ
(2019年度撮影)
日新電機タイ(株)での
インターンシップ

工場見学の受け入れ

九条工場や前橋製作所では近隣小学校の工場見学を受け入れています。前橋製作所では超高圧試験所での人工雷を体験できます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度は中止しました。
工場見学(2019年度撮影)

職業体験の受け入れ

当社グループでは中学生や高校生の職業体験を受け入れています。
装置、機器の設計・検査や一部組み立て現場で、「職業」と「会社で働くことに対する心構え」を体験できます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度は中止しました。

同志社大学との技術懇談会

当社では同志社大学の産学連携組織であるリエゾンオフィスとともに、「産学連携・技術懇談会」を実施しています。同懇談会は、技術交流を目的に大学と企業がそれぞれの持ち味を生かしたテーマを取り上げ、参加者の知的好奇心を刺激するものと自負しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度は中止しました。
技術懇談会(2019年度撮影)

大学への講義協力

大阪大学基礎工学部、岡山大学大学院自然科学研究科
徳島大学工学部にて講義協力を行っています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度はオンラインで実施しました。
徳島大学でのオンライン特別講義

京都を中心とした歴史的文化財の保護

文化財保護団体・事業への支援

京都府との連携

(公財)日新電機グループ社会貢献基金では、京都府域の文化財保護整備のための連携協定を2018年度に締結し、寄付による支援を継続して行っています。
2020年度は、「文化財を守り伝える京都府基金」の事業や、前年度からの継続事業である国の重要文化財「京都府庁旧本館」の正庁バルコニー補修に活用されました。

京都府庁旧本館

京都市、(公財)京都市景観・まちづくりセンターとの連携

(公財)日新電機グループ社会貢献基金は、2017年度に締結した京都市と(公財)京都市景観・まちづくりセンターとの3者連携協定に基づき、継続的な寄付を実施しています。
2020年度に行った寄付は、「国史跡 方広寺大仏殿跡及び石塁・石塔」の石塔(馬塚)の修理ほか、京都市指定・登録文化財の修理や京町家の保全・継承のための改修事業に活用される予定です。

方広寺の石塔(馬塚)

京町家の魅力を発信する展覧会への協力

(公財)京都市景観・まちづくりセンターとKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2020がコラボレーション企画として開催した、京町家の魅力や未来へのビジョンを発信する展覧会「Machiya Vision」に、当社の迎賓館「石村亭」での取材協力を通じて参加しました。

KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭:京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭。
KYOTOGRAPHIEは(一社)KYOTOGRAPHIEの登録商標です。
石村亭に関する映像展示

京都市立芸術大学の文化財保存修復分野への支援

文化財の保存修復分野への支援として、(公財)日新電機グループ社会貢献基金は、京都市立芸術大学の支援制度「未来の芸術家支援 のれん百人衆」への寄付を行っています。

修復作業の様子

石村亭の維持保存・活用

文豪・谷崎潤一郎より譲り受けた邸宅「石村亭」の維持保全活動に努めています。

地域の環境保全活動への協力

森林保全活動への協力

京都と前橋での「日新電機の森」保全活動

当社グループと(公財)日新電機グループ社会貢献基金は、京都の森を守り育てる「京都モデルフォレスト運動」に賛同して締結した協定に基づき、京都府南丹市の「日新電機の森」で、地元の皆様とともに森林保全活動を行っています。2018年度より当社グループ社員と家族らがボランティア参加して遊歩道づくりを進めていましたが、コロナ禍となった2020年度は保全活動を休止しました。
また、当社生産拠点のある群馬県でも森林保全活動を展開するため、(公財)日新電機グループ社会貢献基金は、群馬県県有林・前橋市市有林の整備事業実施協定をそれぞれ締結し、群馬県前橋市赤城山南麓の「日新電機の森」での保全活動にも、2019年度より継続して協力を行っています。

京都の森での遊歩道づくり(2019年度撮影)
赤城山での植栽準備(2019年度撮影)

ごみ削減活動・清掃活動への協力

地域の清掃活動

「ラブアース・クリーンアップ」(福岡市)や「早朝クリーン作戦」(鳥栖商工団地)、「環境美化の日」(ひのきが丘企業会)などの地域の清掃活動への協⼒や、毎⽇各職場の輪番制で工場外周の掃除を⾏うなど、積極的に社員が参加して取り組んでいます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度の「ラブアース・クリーンアップ」「環境美化の日」の活動は中止しました。
ラブアース・クリーンアップ(2019年度撮影)
環境美化の日(2019年度撮影)

祇園祭ごみゼロ大作戦

(一社)祇園祭ごみゼロ大作戦が主催する、祇園祭期間中の屋台での使い捨て食器をリユース食器に切り替えることでごみを減らす取り組みに協力しています。当社グループからボランティアが参加して、ごみの分別の呼びかけなどを行なっています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度は中止しました。
四条通りでのごみ分別回収協力の
呼びかけ(2019年度撮影)

地域活動への協力・コミュニケーション

新型コロナウイルス感染症対策支援

京都府と京都市の新型コロナ対策基金への支援

当社は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療機関・医療従事者や子育て世帯への支援などに役立てていただくため、「京都府新型コロナウイルス感染症対策応援基金」と「京都市新型コロナウイルス感染症対策支援支え合い基金」に、それぞれ100万円の寄付を行いました。

関西・新型コロナウイルス医療体制支援基金への支援

関西広域での新型コロナウイルス感染状況の把握や重症化患者への対応体制整備など、新型コロナウイルスへの医療体制強化の取り組みに役立てていただくため、当社は、(公社)関西経済連合会の設置する「関西・新型コロナウイルス医療体制支援基金」に対して300万円の寄付を行いました。

中国における新型コロナウイルス対策への支援 GLOBAL

当社は、グループ会社のある中国江蘇省無錫市へ義援金による支援を行いました。社内募金と同額の拠出(マッチングギフト)を含む395万円が、無錫市の慈善団体「新呉区慈善総会」を通じて大橋実験学校(菱湖校区)へ寄付されました。主に感染対策の防護物資の購入や、関連教育訓練費用などに活用されました。

新呉区慈善総会を通じた支援

地域とのコミュニケーション

ちびっこ剣道教室

本社の体育館を利用し、当社剣道部員の指導による「ちびっこ剣道教室」を開催しています。子どもたちが剣道に対する知識と興味を深めるとともに、稽古や試合を通じて交流を深める機会を提供しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度は中止しました。

ちびっこ剣道教室(2019年度撮影)

地域交流の場に

前橋製作所では、敷地内にある約50本の桜並木に提灯を飾り、地域の人々にお花見の場を提供しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年度は中止しました。
提灯を飾った桜並木(2019年度撮影)

寄付活動

当社グループ社員が協力して寄付する活動に取り組んでいます。

ベルマークの寄付

ベルマークやベルマークへの交換が可能な使用済みインクカートリッジを回収しています。近隣の小学校に寄付し、学校の備品購入に役立てられています。

本社で収集したベルマークや
使用済みインクカードリッジ

使用済み切手の寄付

東京支社では使用済み切手の回収活動を実施しています。2020年度はオフィス配布の情報紙『シティリビング』の「シティOL-AID」活動に使用済切手の寄付を行いました。集めた切手は国内外の収集業者に買い取られ、その利益が途上国などで役立てられています。

「シティOL-AID」の切手回収活動は、2021年2月に終了しています。
東京支社で収集した
使用済み切手

京都モデルフォレスト協会の緑の募金に協力

2016年度より(公社)京都モデルフォレスト協会が行っている緑の募金に協力しています。一人ひとりが京都の森を守るためにできる活動として当社グループ社員からの参加を募り、集まった募金は、森林づくりや緑化運動、環境学習などに役立てられています。また、募金の返礼品として、協会より京都の森から生まれた温かみがある木製品が贈られます。

返礼品の木製品

ニチバン巻心ECOプロジェクトに協力

東京支社では、ニチバン(株)が⾏っている「ニチバン巻⼼ECOプロジェクト」に参加し、使い終わった粘着テープの巻⼼回収活動を行っています。このエコ活動で集まった巻⼼は、古紙回収業者に買い取ってもらい段ボールに再生されます。その利益と巻⼼の個数に応じたニチバンからの支援⾦は、国内外の森の植樹活動に役⽴てられています。
また、プロジェクトへの参加のお礼として、主催者であるニチバン(株)と環境NGO「イカオ・アコ」より感謝状と花の種が贈られました。

回収した巻心
感謝状と花の種

台湾で慈善団体に協力 GLOBAL

台湾の買い物レシートには一連の番号が印字され、抽選で大金が当たります。日亜電機股份有限公司は、当選金を貧困や病気に苦しむ人の支援にあてる慈善団体「創世基金会」に協力すべく、2006年から社員食堂に収集箱を設置し、集めたレシートを送っています。


レシートの収集箱

スポーツ・文化芸術振興支援

京都サンガF.C.

Jリーグ「京都サンガF.C.」にオフィシャルスポンサーとして協賛しています。

「サンガスタジアムby KYOCERA」に社名広告を掲出

京都マラソン

京都マラソンの「環境先進都市・京都」「東日本大震災復興支援」という趣旨に賛同し、2012年の第1回より協賛しています。

2021年はオンラインマラソンに協賛しました。
日新電機前を駆け抜けるランナー
(2018年度撮影)

大阪・関西万博

2025年日本国際博覧会(略称:大阪・関西万博)の「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するという趣旨に賛同し、(公社)2025年日本国際博覧会協会に2億円の寄付を行っています。