2021年9月3日更新

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。また、罹患された方々におかれましても心よりお見舞い申し上げます。
当社グループでは、新型コロナウイルス感染症の拡大にあたり地域の皆様、お客様、パートナー、従業員とその家族の安全確保を最優先にしつつ事業継続のため、日々変化する状況に応じた対応を実施しております。
新型コロナウイルス感染症への当社グループの基本方針および対応は以下の通りです。

(1)基本方針

  1. 地域の皆様、お客様、パートナーそして当社グループで働く社員とその家族をはじめとする全てのステークホルダーの皆様の健康と安全の確保を最優先とする
  2. 当社グループが事業を展開する社会、お客様の要請に応える
  3. 感染拡大を防止するため、当社グループで働く全ての社員は決して油断することなく、政府等のガイドラインを踏まえ、「新しい生活様式」を実践する

(2)体制

社内に「新型コロナウイルス対策本部」を設け、感染防止および感染拡大防止対策の策定、周知徹底、感染者および懸念者発生状況の把握等を行っております。

(3)対策

  1. 勤務形態、職場環境
  2. ・在宅勤務率70%を目標に積極的な実施
    ・在宅勤務ができない生産現場等の職場は「時差出勤」、
     「三密を回避する通勤手段への変更」を推奨
    ・時差休憩の実施
    ・事務所や会議室の飛沫防止ボード設置や換気の実施
    ・会議室の人数制限、リモート会議の実施
  3. 健康管理など
  4. ・出勤前の検温と健康管理チェック徹底。発熱等体調不良の場合は出社を制限
    ・同居家族の体調不良、周辺に感染者もしくは濃厚接触者発生の場合は出社を制限
    ・社内に感染者、濃厚接触者が発生した場合、保健所の指示を仰ぎつつ、
     職場内の消毒と接触懸念者も含めPCR検査を実施
  5. 出張
  6. ・国内出張は自粛
    ・海外出張は原則禁止
  7. その他
  8. ・マスク着用、手洗い・手指消毒、うがいの励行
    ・懇親会等の禁止

なお、対策内容につきましては今後の感染状況等を注視しながら適宜見直しを行ってまいります。

(ご参考)
政府、日本経済団体連合会、関西経済連合会の要請に従い、当社の出勤者数削減率について以下の通り公表いたします。

緊急事態宣言以降(2021年4月26日~5月28日)の平均値
全社 40% (内訳  製造・工事部門:10%、間接部門:55%)