こんなさまざまな悩みを…

  • 再エネをさらに
    有効活用したい

  • 災害時の
    電力レジリエンスを
    強化したい

  • 地域全体での
    電力運用を考えたい

  • VPPへの
    対応を考えている

  • エネルギーの
    ネットワーク連系を
    進めたい

  • 環境を考えCO2
    排出を抑えたい

工場
オフィスビル
ショッピングモール
複合施設
SPSSで解決!

01 地域で再エネを活用

地域マイクログリッドを構築することで、
再生可能エネルギー(再エネ)を含む分散型電源を活用し、
エネルギーの地産地消を促進するとともに
災害時にも電力供給できる街づくりの必要性が高まっています。

Point

  • 災害時・緊急時に地域の
    電力レジリエンスを維持・向上

  • 地域にある再エネを有効活用
    地域産業の活性化に貢献

02 実績豊富な技術力

受変電・太陽光・蓄電池などの設備から
分散型電源を最適制御するエネルギー管理システム(EMS)まで
日新電機には豊富な納入実績に基づいた技術力があります。

※仮想発電所(VPP):
電力系統に点在する需要家の機器をIoT化し、一括制御することで、需要家設備から捻出できる需給調整力を有効活用し、あたかも1つの発電所(仮想発電所)のように機能させる仕組み。VPPはVirtual Power Plant(バーチャルパワープラント)の略。

Point

  • 受変電設備や太陽光・
    蓄電池システムの実績が豊富

  • 分散型電源を最適制御するEMSは
    VPP・自己託送も見据えて開発

03 分散型電源でエネルギーを面的利用

豊かな社会づくりを目指し、
工場やビル、ショッピングモール、複合施設、病院、避難所など
需要家の省エネからエネルギーの面的利用まで、
各種の分散型電源と当社のEMS「ENERGYMATE-Factory」を活用した
さまざまなソリューションを提供します。

Point

  • 分散型電源とEMSを
    組み合わせて
    トータルエンジニアリング

  • エネルギーを面的利用して
    地域全体の省エネを促進

  • お客様の運用ニーズに合わせて
    フレキシブル対応

04 「まるごとVPP®」で新たな価値を創出

分散型電源を最大限に活用するため、VPPに対応したENERGYMATE-Factoryを開発。
VPPで需給調整する対象となる多様な分散型電源全体を一括して最適制御する方式を
「まるごとVPP」と名付けて実規規模検証を行っています。
関係会社である日新システムズの屋外設置可能な屋外型IoTゲートウェイも活用し、
日新電機グループ全体でVPP構築をサポートします。

※OpenADRはOpenADR Allianceの登録商標です。

05 直流配電による電力の有効活用

当社は再エネ普及やモビリティ社会を踏まえ直流配電システムの検証を進めています。
これにより、再エネ電力を直流負荷に変換ロスなく配電するほか、
需要家間の電力融通による再エネの有効活用や、
交流系統の瞬低・停電時にも運転を継続するBCP対策など、
持続可能な街づくりに貢献します。

離島での適用イメージ

Point

  • 再エネ電力を直流負荷へ
    変換ロス無く配電

  • 需要家間の電力融通
    再エネをさらに有効活用

  • 災害などによる
    瞬低・停電時も運転を継続

お客さまのメリット
  • 導入した再エネを
    最大限に有効活用

  • 複数施設で連携して
    再エネ電力を有効活用

  • VPPにも対応するEMSで
    管理者の負担軽減

  • 受変電設備から
    再エネ活用まで実績豊富

  • トータルエンジニアリングで
    全体構成を設計提案

  • 停電時も電力供給を
    継続しBCP対策