当社では企業評価の一つの指標となる各種調査に回答しています。アンケート調査の設問は社会からの関心が高いテーマであると捉え、CSR活動計画の参考にしています。また調査結果は、当社の位置付けを確認するとともに、取り組みの活性化のために活用し、ステークホルダーの皆様からより信頼される企業を目指しています。

第13回CSR企業ランキング(「週刊東洋経済」:2019年2月16日号)

幅広いステークホルダーから「信頼される企業」の発掘を目的とし、CSRの取り組みを「人材活用」「環境」「企業統治」「社会性」の4分野で評価。また東洋経済新報社が保有する上場企業財務データをもとに収益性、安全性、規模を評価し、ランキングにまとめたものです。

2018年は対象企業1,501社(有効回答1,221社)中170位(前年173位)でした。相対的に順位はほぼ横ばいですが、CSRの取り組みの得点は上昇しており、4分野すべてにおいて前年同様AAAの評価を受けています。

2018年スコアのレーダーチャート